• HOME
  • NEWS
  • 4AD
  • BUCK MEEK /ビッグ・シーフのギタリスト、バック・ミークが ソロとしては初となるアジア・ツアーを発表! また、8/25に発売される最新作『Haunted Mountain』より 新曲「Cyclades」を公開
BUCK MEEK /ビッグ・シーフのギタリスト、バック・ミークが ソロとしては初となるアジア・ツアーを発表! また、8/25に発売される最新作『Haunted Mountain』より 新曲「Cyclades」を公開

2023.07.27

BUCK MEEK /ビッグ・シーフのギタリスト、バック・ミークが ソロとしては初となるアジア・ツアーを発表! また、8/25に発売される最新作『Haunted Mountain』より 新曲「Cyclades」を公開

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
BUCK MEEK /ビッグ・シーフのギタリスト、バック・ミークが ソロとしては初となるアジア・ツアーを発表! また、8/25に発売される最新作『Haunted Mountain』より 新曲「Cyclades」を公開

USインディーロック/フォークの枠を越え、グラミーにもノミネートされたビック・シーフのギタリストで、バンドの楽曲にも多大な影響をもたらすバック・ミークが、8/25リリースの最新アルバム『Haunted Mountain』を提げジャパン・ツアーを行うことを発表!

12/12 - Seoul, KR @ Cj Azit
12/14 - Tokyo, JP @ WWW
12/15 - Osaka, JP @ Conpass


*チケット詳細は後日発表

また、アルバムからの先行配信曲として「Cyclades」が公開されている。

Buck Meek- Cyclades
https://buckmeek.ffm.to/cyclades

「Cyclades」を彩る愛情は、家族という形を取っており、ミークの父親がバイクに乗っているとき、エルクの群れと衝突するのを間一髪で避けたという実話を描いている。「これらはすべて実話、あるいは少なくとも僕が聞かされたか、聞かされたと記憶している話なんだ」とミークは説明する。「歴史と神話は紙一重。僕たちの人生は、何千年もの間、各方面の中心にいる何十億もの人々のあらゆる出会いの、終わりのない無数の未完成の物語でできている。それらを語ることはあくまで二次的なことなんだ。」

アルバム『Haunted Mountain』に収録された11曲中、5曲はジョリー・ホーランドとの共作によるもので、甘美な歌詞が特徴的だ。「Haunted Mountain」の最初の2つのヴァースとコーラスは、ジョリー・ホーランドがカリフォルニア州北部のシャスタ山に捧げるラブソングとして書き、最後のヴァースをバック・ミークが加え、共に自然との互恵関係を求める内容となっている。「この曲は、自分がパワーをもらっているものに対して謙虚になることで、そこから、本当の意味でフェアな関係が始まるということを歌っている」と語っている。またバック・ミークのバンドは、デビュー以来一貫してアダム・ブリスビン(ギター)、オースティン・ヴォーン(ドラム)、マット・デビッドソン(ペダルスティール、『Buck Meek』と『Two Saviors』ではベース)というメンバーで活動してきた。本作『Haunted Mountain』のレコーディングに至るまでの1年ほどは、ケン・ウッドワード(ベース)、そしてバック・ミークの弟であるディランがピアノとシンセでセッションに参加した。バンドのメンバーであるデヴィッドソンがプロデュースを手がけ、エイドリアン・オルセンによって2週間で録音・ミキシングされ、モジュラーシンセサイザーによる音響加工も行っている。

"彼の音楽は、奇妙かつ美しいイメージで満ち溢れている。
- NPR Music

"愛や痛み、再生に関するこれらの考察には、バック・ミークの年齢をはるかに超えた、賢さと、風化した響きがあり、以前のビル・キャラハンやレナード・コーエンと同じような印象を受ける。"
- Guitar Magazine

"土臭く、穏やかな、インディーフォークだ。"
- Paste


2023年8月25日に世界同時発売となる本作は、国内流通仕様盤CD、通常のCD/LPに加え、限定のグリーン・ヴァイナルが発売される。

NEWS

2024.04.18
2024.04.18
2024.04.16
2024.04.11
2024.04.11
2024.04.10
2024.04.05
2024.04.05
2024.04.05
2024.04.04

RELATED RELEASES