• HOME
  • NEWS
  • Ninja Tune
  • Dorian Concept / フライロー、TCO、サンダーキャットらが認める天才演奏家/プロデューサー、ドリアン・コンセプト 自身を"解放"して制作された最新アルバム『What We Do For Others』を〈Brainfeeder〉より10月28日にリリース決定! 自らMVを手がけた新曲、「Let It All Go」を公開!
Dorian Concept / フライロー、TCO、サンダーキャットらが認める天才演奏家/プロデューサー、ドリアン・コンセプト  自身を"解放"して制作された最新アルバム『What We Do For Others』を〈Brainfeeder〉より10月28日にリリース決定!  自らMVを手がけた新曲、「Let It All Go」を公開!
Dorian Concept / フライロー、TCO、サンダーキャットらが認める天才演奏家/プロデューサー、ドリアン・コンセプト  自身を"解放"して制作された最新アルバム『What We Do For Others』を〈Brainfeeder〉より10月28日にリリース決定!  自らMVを手がけた新曲、「Let It All Go」を公開!

2022.09.08

Dorian Concept / フライロー、TCO、サンダーキャットらが認める天才演奏家/プロデューサー、ドリアン・コンセプト 自身を"解放"して制作された最新アルバム『What We Do For Others』を〈Brainfeeder〉より10月28日にリリース決定! 自らMVを手がけた新曲、「Let It All Go」を公開!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
Dorian Concept / フライロー、TCO、サンダーキャットらが認める天才演奏家/プロデューサー、ドリアン・コンセプト  自身を"解放"して制作された最新アルバム『What We Do For Others』を〈Brainfeeder〉より10月28日にリリース決定!  自らMVを手がけた新曲、「Let It All Go」を公開!
Dorian Concept / フライロー、TCO、サンダーキャットらが認める天才演奏家/プロデューサー、ドリアン・コンセプト  自身を"解放"して制作された最新アルバム『What We Do For Others』を〈Brainfeeder〉より10月28日にリリース決定!  自らMVを手がけた新曲、「Let It All Go」を公開!

フライング・ロータスやザ・シネマティック・オーケストラのライヴ・メンバーとしても活躍してきた他、サンダーキャット作品の制作への参加、さらには世界有数の現代音楽アンサンブルであるクラングフォラム・ウィーンとの協働もするウィーン生まれの天才演奏家/プロデューサー、ドリアン・コンセプトことオリヴァー・トーマス・ジョンソン。最新アルバム「What We Do For Others」を〈Brainfeeder〉より10月28日リリース決定!新曲「Let It All Go」をMVと共に公開!

Dorian Concept - 'Let It All Go' (Official Video)


映像はオリヴァー自身が90年代のビンテージ・ビデオミキサーを使って制作を行い、アナログ・ビデオアートとホーム・ムービーエンターテインメントの世界にインスパイアされている。

このアルバムは、10代の頃の自分自身と再びつながるためのもので、過去を振り返った時に出てくるセンチメンタルでノスタルジックなエネルギーに対して、ある種の懐疑的な気持ちを持って作ったんだ。カール・ユングが言った「感傷は残虐性を覆う上部構造である」という言葉が好きなんだ。ビデオでは、自分自身の過去に対して持ちうるこの不安な感覚を捉えたかった。 - Dorian Concept

このアルバムは、オリヴァーにとって3枚目のスタジオアルバムで、彼のユニークで美しい音のタペストリーとワイルドでエンターテイニングなキーボード捌きが堪能できる作品に仕上がっている。ゆったりとしたアレンジとフィードバックされたサウンドスケープ、そして歌詞のフレーズよりもむしろ一つの楽器として彼自身の不可解なボーカルの断片が散りばめられており、リラックスした静かな自信と親密さを持つレコードとなっている。すべての要素とレイヤーは、意図的に編集することなく録音されている。

このアルバムが "バンドサウンド "っぽい理由はそこにあると思う。
自分で様々なインストゥルメントを演奏し、歌い、FXユニットを使って自由な形式の作曲をしているんだ - Dorian Concept


このタイトルはオリヴァーが彼の心に残っている夢がきっかけで思いついたものだという。

自分の創作プロセスで面白いと思うことのひとつに、他の人が好きそうなものを作っていると信じているときは、人とあまりつながらない傾向があるということがあるんだ。一方で、自分が特別な場所に行き、ただ直感で制作するとき、その音楽は自然に外の世界とつながる傾向があるんだ。 - Dorian Concept

オリヴァーは、アルバム制作中、自己判断の内なる声に疑問を投げかけ、常に改善しようとする気持ちを抑えようと制作を行った。

ミュージシャンとしての僕は今まで、物事を"きちんとこなそうとする”という感じで何とか完璧を目指そうとする気持ちが常にあったような気がする。
でも、このアルバムはそれを手放したものなんだ。よく”ドラフト"と呼ばれる最初のテイクには何か魔法のようなものがあると理解してね...精神が捉えられるんだ。そして、それを再録音しようとすると、アイデアの本質が失われてしまう。だから、ある意味、レコーディング中にどれだけ音楽を "コントロール "できないか試してみたかったんだ...ほとんど音楽が勝手に作ってくれるようにね。 - Dorian Concept


本作の印象的なアルバム・アートワークはオーストリアのアーティストKurt Neuhoferが手がけている。待望の最新作『What We Do For Others』は10月28日に〈Brainfeeder〉よりLPとデジタルでリリース!

NEWS

2022.12.01
2022.12.01
2022.11.30
2022.11.29
2022.11.29
2022.11.29
2022.11.28
2022.11.22
2022.11.21
2022.11.18

RELATED NEWS