• HOME
  • NEWS
  • Ninja Tune
  • Young Fathers / 定義に抗い続ける ヤング・ファーザーズ、4年ぶりとなる4thアルバム『Heavy Heavy』を〈Ninja Tune〉より発表 新曲「I Saw」をMVと共に公開
Young Fathers / 定義に抗い続ける ヤング・ファーザーズ、4年ぶりとなる4thアルバム『Heavy Heavy』を〈Ninja Tune〉より発表 新曲「I Saw」をMVと共に公開

2022.10.21

Young Fathers / 定義に抗い続ける ヤング・ファーザーズ、4年ぶりとなる4thアルバム『Heavy Heavy』を〈Ninja Tune〉より発表 新曲「I Saw」をMVと共に公開

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
Young Fathers / 定義に抗い続ける ヤング・ファーザーズ、4年ぶりとなる4thアルバム『Heavy Heavy』を〈Ninja Tune〉より発表 新曲「I Saw」をMVと共に公開

エディンバラで結成された“G”・ヘイスティングス、アロイシャス・マサコイ、ケイアス・バンコールによる3人組ユニット、ヤング・ファーザーズ。マッシヴ・アタック、ノエル・ギャラガー、LCD、エルトン・ジョン...錚々たるアーティスト達を魅了し、マーキュリー賞受賞歴もある彼らが、2018年に発売した『Cocoa Sugar』以来4年ぶりとなる4thアルバム『Heavy Heavy』を2023年2月3日に〈Ninja Tune〉より発売決定!新曲「I Saw」をMVと共に公開した。

Young Fathers - 'I Saw' (Official Video)


「I Saw」は、7月にリリースされたシングル「Geronimo」に続くアルバムからの2曲目となり、ジャンルを越えた音楽性で知られるヤング・ファーザーズならではの、軽快なリズム、コントロールされたカオス、ソウルフルな歌など、ファンが愛してやまない要素が満載の曲となっている。MVは、23歳のアーティスト兼映像作家のデヴィッド・ウゾチュクゥ (David Uzochukwu)が制作しており、アルバムの核となる野心的なアイデアを示している。

10曲入りの本作は、地下のスタジオにメンバー3人と限られた機材とマイクだけという、基本に立ち返ったアプローチで制作された。すべてが常にプラグインされ、すべてが常に手の届くところにあるセッティングだったという。今回のアルバムのタイトルは『Heavy Heavy』で、このタイトルは、ムードを表しているのか、サウンドを支える滑らかな花崗岩のような低音を表現しているのか、あるいは少年から大人の男へと自然に変化する様子や、生きる上で避けられない犠牲、喜びの負担、関係、家族、大きな変化を経てきた3人の経験にちなんでいるのか...。この新しい作品は、様々な影響、アイデア、年齢、シーンのコラージュを、情熱と魂でつなぎ合わせている。そして今、最もラディカルなことは、ソウルを持つことであるようにも思える。

このバンドは未だにミステリアスな存在であり、定義に当てはまらない、定義に抗うような音楽を生み出している。

悪魔を解放し、それに対処するんだ
その後に意味を見出すんだ
- Kayus (Young Fathers)


ヤング・ファーザーズにドレスコードは必要ない。モッシュではなく、ダンスをする。腰を振り、足を滑らせ、キャサリン・ホイールで脳を刺激し、喜びと共感を呼び起こす。アンダーグラウンドでありながら、決して暗くはない。世界の重たい重さが日に日に増しているように見えるが、ヤング・ファーザーズは何年経っても若いままだ。

4年ぶりの最新作『Heavy Heavy』は2023年2月3日にCD、LP、カセットテープ、デジタルと各種フォーマットで発売!国内盤CDにはボーナストラックが収録され、歌詞対訳と解説が封入される。LPは通常のブラック・ヴァイナルに加えて、限定盤のレッド・ヴァイナル、ラフ・トレード限定のオレンジ・ヴァイナル、特殊パッケージのデラックス盤が白パッケージと黒パッケージの2種(どちらもホワイト・ヴァイナル)で発売される。

NEWS

2023.02.07
2023.02.02
2023.01.31
2023.01.31
2023.01.27
2023.01.26
2023.01.26
2023.01.25
2023.01.25
2023.01.20