• HOME
  • NEWS
  • Brainfeeder
  • MIGUEL ATWOOD-FERGUSON / 〈BRAINFEEDER〉からのデビュー・アルバム『Les Jardins Mystiques Vol.1』を発表! CDは3枚組、LPは4枚組、全52曲、3時間半におよぶ規格外の超大作!
MIGUEL ATWOOD-FERGUSON / 〈BRAINFEEDER〉からのデビュー・アルバム『Les Jardins Mystiques Vol.1』を発表! CDは3枚組、LPは4枚組、全52曲、3時間半におよぶ規格外の超大作!

2023.09.14

MIGUEL ATWOOD-FERGUSON / 〈BRAINFEEDER〉からのデビュー・アルバム『Les Jardins Mystiques Vol.1』を発表! CDは3枚組、LPは4枚組、全52曲、3時間半におよぶ規格外の超大作!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
MIGUEL ATWOOD-FERGUSON / 〈BRAINFEEDER〉からのデビュー・アルバム『Les Jardins Mystiques Vol.1』を発表! CDは3枚組、LPは4枚組、全52曲、3時間半におよぶ規格外の超大作!

長年にわたってLAシーンの発展に貢献してきた現代屈指のミュージシャンであり、作曲家、編曲家、オーケストレーターとして活躍するミゲル・アトウッド・ファーガソンが、熱心な音楽ファンの誰もが待ち望んだデビュー・アルバム『Les Jardins Mystiques Vol.1』のリリースを発表!50人以上の豪華ゲストが参加し、全52曲、3時間半におよぶ規格外の超大作は、11月10日 (金) に世界同時リリース。発表に合わせて、収録曲から選ばれた7曲で構成したプレイリスト『Selections from Les Jardins Mystiques Vol.1』が公開された。

Selections from Les Jardins Mystiques Vol.1
https://maf.lnk.to/ljm-v1

様々な役割を通して、多くのミュージシャンと仕事をし、600枚以上のアルバム、映画、TV番組でレコーディングを行い、世界中で何千回ものライブ・コンサートを行っているミゲル・アトウッド・ファーガソン。そのスタイルは、ジャズ、クラシック、ヒップホップ、エレクトロニカ、アヴァンギャルド、ポップスなど様々なジャンルを横断している。J・ディラの作品群を60人編成のオーケストラ作品へと再構築した革新的な作品『Suite For Ma Dukes』(2009) 、長年の友人でありコラボレーターでもあるカルロス・ニーニョとのコラボ作品の数々、カルテット・ファンタスティコやミゲル・アットウッド・ファーガソン・アンサンブルでの活動を通して、アーティストはもちろん、幅広い音楽ファンから尊敬を集めている。

ロサンゼルスの音楽シーンに深く浸透しているミゲル・アトウッド・ファーガソンは、2008年のレーベル設立以来〈Brainfeeder〉ファミリーを支えるキーパーソンの一人となっている。レーベルを主宰するフライング・ロータスとは親友であり長年のコラボレーターでもある。2010年以降、フライング・ロータスのアルバム作品4枚すべてに参加し、渡辺信一郎監督が手がけた日米合作の短編SFアニメ『ブレードランナー ブラックアウト2022』や、Netflixオリジナル・アニメ『Yasuke』のサウンドトラックにも参加。またサンダーキャット、ハイエイタス・カイヨーテ、カマシ・ワシントン、ガスランプ・キラー、サラミ・ローズ・ジョー・ルイス、ブランドン・コールマン、ティーブスなど、レーベル所属アーティストの作品にも大きく貢献している。過去15年間にわたってレーベルにとって極めて重要な役割を果たしてきたミゲルが、12年の歳月をかけて完成させたという自身の大作を〈Brainfeeder〉からリリースするのは、まさにふさわしい流れと言える。フライング・ロータスがミゲルに自身のレーベルから作品を出すことを提案したのは10年以上前に遡るという。〈Brainfeeder〉から作品をリリースすることについて「私はロサンゼルスを愛してる。ここ出身であることを誇りに思うし、ロサンゼルスに貢献したいという気持ちはあるよ」とミゲルは話している。

『Les Jardins Mystiques』は、ミゲルの音楽世界を開放し、共有するプロジェクトである。そしてヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、キーボードなど様々な楽器を自ら演奏するミゲルのエレガントな音楽性と、彼と50人以上のミュージシャンたちとの自由奔放な対話を披露する場でもある。今回発表されたアルバム『Les Jardins Mystiques Vol.1』は、三部作の第一弾として位置付けられており、トータルで10時間半に及ぶという。この超大作のオープニング曲「Kiseki」に、マイルス・デイヴィスの大名盤『Bitches Brew』にも参加している伝説的ミュージシャン、ベニー・モウピンがバスクラリネットの演奏で参加しているのを筆頭に、ゲスト・ミュージシャンには、カマシ・ワシントン、サンダーキャット、ドミ&JD・ベック、ジェフ・パーカー、カルロス・ニーニョ、オースティン・ペラルタ、ララ・ソモギ、ジャメル・ディーン、ジャマイア・ウィリアムス、バーニス・トラヴィス2世、ディアントニ・パークス、ブランドン・コールマン、マーカス・ギルモアといった豪華な面々が名を連ねている。

『Les Jardins Mystiques』は、音楽は自然であり、何にも影響を受けることのない生命力であるというミゲルの理念を反映している。『Les Jardins Mystiques Vol.1』に収録された楽曲のタイトルは、スペイン語、スワヒリ語、サンスクリット語、古代ギリシャ語、日本語、ヘブライ語など、国際的な言語や伝統から引用されている。曲の長さもスタイルも異なる52曲は、全体を通して見事なまでに制約のない流れがあると同時に、一つ一つの楽曲が、独自の不思議な世界を展開させている。

どのような環境においても、私にとって音楽を演奏することは、音や感情や振動の海の中を泳ぐようなものだ。さまざまな川が組み合わさっている感じだよ。西欧のクラシック音楽は、私の強烈な愛と情熱を表現してくれる。ジャズにおけるすべての異なるジャンルは、学ぶことの喜びを私に与え、私の人生に多くの意味を与えてくれた。そして電子音楽やワールドミュージック、その他すべては、私がこの数年間探求してきたものだ。
私はただ、マジックとエンパワーメントをサポートする存在でいたい。私は人を信じている… そして、我々が生きるこの多元宇宙はとても慈悲深いものだと思う。 すべてのものには無限の価値があると感じてる。だから、このアルバムには多様な楽曲を収録しようと思ったんだ。すべての物事は、神秘の庭だと私は思う。
- Miguel Atwood-Ferguson


ミゲルは、その輝かしいキャリアを通して、レイ・チャールズ、スティーヴィー・ワンダー、クインシー・ジョーンズ、スモーキー・ロビンソン、アルトゥール・ヴェロカイといった伝説的アーティストから、リアーナ、ラナ・デル・レイ、レディー・ガガ、ドクター・ドレー、メアリー・J. ブライジ、ウィル・アイ・アム、ビッグ・ボーイといったメインストリームの大物アーティスト、そしてボノボ、リアン・ラ・ハヴァス、ケイトラナダ、モーゼス・サムニー、セウ・ジョルジ、コモン、ザ・ルーツ、ザ・シネマティック・オーケストラ、ジャマイア・ウィリアムス、シャフィーク・フセイン、エイドリアン・ヤング&アリ・シャヒード・ムハマド、カルロス・ニーニョ、ビラルといった幅広いジャンルで活躍する世界的アーティストの数々と仕事をしている。

2023年9月20日には、ハリウッド・ボウルで開催されるフローティング・ポインツ、シャバカ・ハッチングス、フォー・テット、ダン・スナイス (カリブー) ら豪華ラインナップに名を連ね、フローティング・ポインツが故ファロア・サンダースとコラボレートし、高い評価を得たアルバム『Promises』のパフォーマンスで、ロサンゼルス・スタジオ・オーケストラの指揮を務めることが発表されている。

ミゲル・アトウッド・ファーガソン待望の最新アルバム『Les Jardins Mystiques Vol.1』は、11月10日 (金) にCD、LP、デジタル/ストリーミング配信で11月10日に世界同時リリース!CDは3枚組、LPは4枚組となり、国内流通仕様盤CDには解説と歌詞対訳が封入される。

NEWS

2024.05.24
2024.05.24
2024.05.24
2024.05.24
2024.05.23
2024.05.22
2024.05.22
2024.05.22
2024.05.20
2024.05.17

RELATED RELEASES