• HOME
  • NEWS
  • Late Night Tales
  • DON LETTS / 世界中で愛される“夜聴き”コンピ・シリーズにパンクとレゲエの交流を仕掛けカルチャークラッシュを巻き起こした重要人物、ドン・レッツが登場! 実に収録曲の半分以上がエクスクルーシヴ・トラックという必聴盤! 『Late Night Tales presents Version Excursion selected by Don Letts』 9月24日発売!
DON LETTS / 世界中で愛される“夜聴き”コンピ・シリーズにパンクとレゲエの交流を仕掛けカルチャークラッシュを巻き起こした重要人物、ドン・レッツが登場! 実に収録曲の半分以上がエクスクルーシヴ・トラックという必聴盤! 『Late Night Tales presents Version Excursion selected by Don Letts』 9月24日発売!

2021.08.20

DON LETTS / 世界中で愛される“夜聴き”コンピ・シリーズにパンクとレゲエの交流を仕掛けカルチャークラッシュを巻き起こした重要人物、ドン・レッツが登場! 実に収録曲の半分以上がエクスクルーシヴ・トラックという必聴盤! 『Late Night Tales presents Version Excursion selected by Don Letts』 9月24日発売!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
DON LETTS / 世界中で愛される“夜聴き”コンピ・シリーズにパンクとレゲエの交流を仕掛けカルチャークラッシュを巻き起こした重要人物、ドン・レッツが登場! 実に収録曲の半分以上がエクスクルーシヴ・トラックという必聴盤! 『Late Night Tales presents Version Excursion selected by Don Letts』 9月24日発売!

ポップスター、映画監督、ラジオキャスター、コメンテーター、グラミー賞受賞者など、多方面で活躍する文化人、そしてDJとしても絶大なる人気と尊敬を集めるドン・レッツが『Late Night Tales』シリーズに登場!70年代後半にロンドンがパンクを生んだと同時に、パンクとレゲエの交流を仕掛け、カルチャークラッシュを巻き起こした重要人物が、セレクターを務める間違いなしのコンピレーションが9月24日に発売!



実のところ、〈Late Night Tales〉の仲間と仕事をしたいと思っていたんだ。ナイトメアズ・オン・ワックス、ザ・フレーミング・リップス、MGMT、トレントモーラー、クルアンビンなどのキュレーターに代表される彼らの音楽的な美学に魅了され、20年近くになる。ロックンロールと同じくらいの年齢(56年生まれ)で、20年近くCulture Clash Radioを担当してきた私は、最高の音楽家たちと一緒に仕事ができると思っていた。だが同時に、自分の音楽の旅と、今日の私を作ったカルチャー・クラッシュを反映した、自分だけの空間も作りたかったんだよ。
- ドン・レッツ


ブリクストンに生まれ、カルチャーの中心的存在だったロンドンのショップ「アクメ・アトラクションズ」を経営したドン・レッツは、そのアティチュードから、ファッション、そしてショップの壁を重低音で振動させるダブ・レゲエで注目を集めた。彼が初めてDJを務めたクラブ「ロキシー」は、100日間の限定営業であったが、パンク世代にレゲエの魅力を伝えたことで伝説となった。その経験から真のDIY精神を学んだ彼は、結果的に映画監督として再出発する。そしてギル・スコット・ヘロン、ジョージ・クリントン、サン・ラーなどのドキュメンタリー、リントン・クウェシ・ジョンソン、ザ・クラッシュ、ボブ・マーリーなど、数多くのミュージック・ビデオを制作した。

80年代には、ザ・クラッシュの元ギタリスト、ミック・ジョーンズのバンド、ビッグ・オー・ディオ・ダイナマイトに参加し、革新的なサンプルの使い方で、バンドのサウンドの中核を担った。そして今もなお「6 Music」で自身のラジオ番組「Culture Clash Radio」を持つ。本作は、偉大なるキャリアを持つドン・レッツが、ジャマイカの伝統であるカバー・バージョンをとことん追求して作り上げられている。

カリブ海の音楽の歴史は、初期のリリースの多くが米国の45曲のカバー・バージョンであったことから、R&Bに負うところが大きい。スカが商業的にブレイクしたミリー・スモールの「My Boy Lollipop」は、もともとバービー・ゲイが50年代にニューヨークで録音したものだ。ジャマイカではカバー・バージョンが流行し、ドンはその伝統に沿って、13曲のエクスクルーシブを含む興味深いダブアウトされたカバーのセレクションを深く掘り下げている。その中には、本シリーズから登場し、今は世界的人気を誇るクルアンビンのエクスクルーシヴ・ダブ・ミックスも含まれている。

サウンドシステムの愛し、レゲエとベースの文化で育った私が最も好きなサウンドはダブだった。スペーシーであると同時にサウンドそのものも冒険的であり、その最も魅力的な点は、ジャマイカから世界への贈り物であるベース音に支えられ、自分自身を「ミックスの中に」置くことができる空間だった。しかしそれは、物語の半分に過ぎない。私の持つ二面性は、アメリカから入ってくる当時爆発的人気を誇ったブラック・ミュージックはもちろんのこと、白人たちの動向もチェックしていたことに由来する。だからこそ、この作品では、ビーチ・ボーイズからビートルズ、ニーナ・シモンからマーヴィン・ゲイ、ビージーズからクール&ザ・ギャング、ザ・クラッシュからジョイ・ディビジョンなど、時空やジャンルを超えた旅ができる。それらを線で繋ぐのは不可能だと思われるかもしれないが、私の世界では違う。幸いなことに、"カバー・バージョン "はジャマイカの進化に不可欠な役割を果たしており、ダブ・バージョンはその自然な延長線上に存在した。
- ドン・レッツ


『Late Night Tales presents Version Excursion selected by Don Letts』は9月24日世界同時リリース!国内流通仕様盤CDにはアーティスト本人による全曲解説対訳が封入され、限定輸入盤2LPは蛍光グリーン・ヴァイナル仕様でのリリースとなる。

NEWS

2021.09.24
2021.09.24
2021.09.22
2021.09.22
2021.09.17
2021.09.17
2021.09.17
2021.09.16
2021.09.16
2021.09.16