• HOME
  • NEWS
  • Matador
  • STEPHEN MALKMUS / ペイヴメントのスティーヴン・マルクマス、3部作の最後を飾る ソロ最新アルバム『Traditional Techiniques』を3月6日に発売! 新曲「Xian Man」のリリックビデオも公開!
STEPHEN MALKMUS / ペイヴメントのスティーヴン・マルクマス、3部作の最後を飾る ソロ最新アルバム『Traditional Techiniques』を3月6日に発売! 新曲「Xian Man」のリリックビデオも公開!

2020.01.23

STEPHEN MALKMUS / ペイヴメントのスティーヴン・マルクマス、3部作の最後を飾る ソロ最新アルバム『Traditional Techiniques』を3月6日に発売! 新曲「Xian Man」のリリックビデオも公開!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
STEPHEN MALKMUS / ペイヴメントのスティーヴン・マルクマス、3部作の最後を飾る ソロ最新アルバム『Traditional Techiniques』を3月6日に発売! 新曲「Xian Man」のリリックビデオも公開!

過去の音楽の単なる焼き直しではなく、これまでの歴史を守りつつ、自分たちのアイデンティティーを保ち、常に楽しみながら制作を続けてきたスティーヴン・マルクマス。スティーヴン・マルクマス&ザ・ジックスのアルバム『Sparkle Hard』(2018)とエレクトロニック・ビーツなどを取り入れた実験的な作品『Groove Denied』(2019)に次いで、“偶然生まれた”という3部作の最後を飾る最新ソロアルバム『Traditional Techiniques』が3月6日に発売されることが発表された。これに合わせて新曲「Xian Man」が公開されている。



今回リリースされる『Traditional Techiniques』のテーマは、“新たなステージにあるフォーク・ミュージック”だという。スティーヴンが、ポートランドにあるレコーディング・スタジオHalfling Studioで『Sparkle Hard』の制作に取り組んでいる際に様々なアコースティック楽器に触れたことがきっかけとなり、『Traditional Techiniques』の楽曲が生まれていった。同作品の制作のためスティーヴンは再びHalfling Studioを訪れ、アフガニスタンの楽器など多様な楽器を取り入れてより壮大で予測不能なアルバムを作り上げた。

『Traditional Techiniques』はスティーヴンの12弦アコースティック・ギターを軸とし、半世紀の歴史を持つフォーク・ロックの影響を受けた楽曲が展開される。Halfling Studioのクリス・ファンク(ザ・ディセンバリスト)がエンジニアを務め、ボニー・プリンス・ビリーやチャベスのマット・スウィーニーがアルバムを通してギターを演奏している。

NEWS

2020.10.21
2020.10.21
2020.10.19
2020.10.16
2020.10.16
2020.10.16
2020.10.16
2020.10.15
2020.10.15
2020.10.15

RELATED NEWS