• HOME
  • NEWS
  • 【YVES TUMOR / 官能的なパフォーマンスで観客を興奮の渦に巻き込んだイヴ・チュモア、フジロックフェスティバル2023での最新ライブレポート!】
【YVES TUMOR / 官能的なパフォーマンスで観客を興奮の渦に巻き込んだイヴ・チュモア、フジロックフェスティバル2023での最新ライブレポート!】

2023.08.01

【YVES TUMOR / 官能的なパフォーマンスで観客を興奮の渦に巻き込んだイヴ・チュモア、フジロックフェスティバル2023での最新ライブレポート!】

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
【YVES TUMOR / 官能的なパフォーマンスで観客を興奮の渦に巻き込んだイヴ・チュモア、フジロックフェスティバル2023での最新ライブレポート!】

YVES TUMOR @Red Marquee 7/28 (FRI)

イヴ・トゥモア、初のフジロック出演。黒く光るエプロンワンピースのような衣装を直接素肌に着用したイヴはステージに現れるすぐに、「Come on! Come on!」と力強く叫び、オーディエンスをレッド・マーキーの中にどんどん呼び込む。そして、艶めかしく体を動かし、最新アルバム『Praise A Lord Who Chews But Which Does Not Consume; (Or Simply, Hot Between Worlds)』の冒頭を飾る「GOD IS A CIRCLE」の低音ビートに乗せて、地を這うような歌声を轟かせた。アンドロジナスなアスリートのようなルックスで、シルバーのラッパを模したマイクを片手にしたイヴの異形のアートロックに、苗場のレッド・マーキーは一気に引き込まれた。

続く「ECOHLALIA」では、リズミカルに躍動するバンドサウンドに合わせ、Oiコールが起こった。どんどん熱狂が増していく。グラムロックもエレクトロニカもロックンロールもサイケデリックも飲み込んで、「今」の音に再構築するセンスもさることながら、しなやかな肉体をむき出しにし、全身で自らのクリエイティヴを体現するパフォーマンスは一瞬たりとも目が離せないほどの求心力がある。デヴィッド・ボウイやプリンスといった偉大な先人たちの存在がちらつかせながら、「GOSPEL」では、スカートを上げて黒いショーツを履いた下半身をちらちらと見せながら美しいファルセットを披露。中盤以降、衣装ははだけ、最早エプロンワンピースは首からかけているだけの状態に。神聖と淫靡が共存するイヴ・トゥモアだけのアートフォームはあらゆる境界線を消失させる。イヴの楽曲は、決して乗りやすかったり、口ずさみやすかったりするような類のものではないが、肉体の奥の奥と共鳴するような手触りがあり、フェスという異空間には非常にしっくりきた。

「イェーイア!」という独特のコール&レスポンスをしたり、箱に入れたお菓子をフロアに投げ込んだと思ったら最後には箱ごと投げたり、ステージを下り、オーディエンスにめいっぱい近づきながら歌声を披露したり──。そのコミュニーションはとても魅惑的だった。皮のベストと蛇柄のようなパンツ姿のギタリストが恍惚のギターソロを弾く横でシャウトをしたと思ったら、自らもギターを持ち、ギタリストと背中合わせで弦をかき鳴らしたイヴ。ギターという楽器の持つセクシャリティが極限まで高まったような光景に見えた。

終始、何だかとてつもないものを体験しているような騒然としたムードがレッド・マーキーを包み込んでいった。大きな歓声が送られる中、テンションが上がり切ったイヴはとても嬉しそうな表情でバンドメンバーを紹介し、去っていった。

Text by小松香里

NEWS

2024.07.12
2024.07.12
2024.07.12
2024.07.10
2024.07.10
2024.07.10
2024.07.09
2024.07.09
2024.06.28
2024.06.27