• HOME
  • NEWS
  • Rough Trade
  • ANOHNI and the Johnsons / アノーニが、アノーニ・アンド・ザ・ジョンソンズ名義でアルバム 『My Back Was A Bridge For You To Cross』を7月7日リリース! シングル「It Must Change」を緊急公開!
ANOHNI and the Johnsons / アノーニが、アノーニ・アンド・ザ・ジョンソンズ名義でアルバム 『My Back Was A Bridge For You To Cross』を7月7日リリース! シングル「It Must Change」を緊急公開!

2023.05.17

ANOHNI and the Johnsons / アノーニが、アノーニ・アンド・ザ・ジョンソンズ名義でアルバム 『My Back Was A Bridge For You To Cross』を7月7日リリース! シングル「It Must Change」を緊急公開!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
ANOHNI and the Johnsons / アノーニが、アノーニ・アンド・ザ・ジョンソンズ名義でアルバム 『My Back Was A Bridge For You To Cross』を7月7日リリース! シングル「It Must Change」を緊急公開!

マーヴィン・ゲイの『What's Going On』のことをよく考えていた。あれは私の中でとても重要な指標だった。今回のアルバムの中には、50年以上前にポピュラー音楽で初めて提起された地球や環境への懸念に対して、今現在の感覚で答えている曲もある。」-ANOHNI

本日、アノーニが、アノーニ・アンド・ザ・ジョンソンズのニュー・アルバム『My Back Was A Bridge For You To Cross』を7月7日にリリースする ことを発表し、リードシングル/ビデオ「It Must Change」を公開した。イギリス生まれ、ニューヨーク在住のアーティストであるアノーニによる、2016年の傑作『HOPELESSNESS』以来となる本作『My Back Was A Bridge For You To Cross』は、創作過程は痛みを伴うものでありながら、インスピレーションにあふれ、喜びと親しみを感じさせるものであり、彼女が見るままの世界に対する、新たな反応と解釈だったと説明している。「マーヴィン・ゲイの『What's Going On』のことをよく考えていた。あれは私の中でとても重要な指標だった。アルバムの中には、50年以上前にポピュラー音楽で初めて提起された地球や環境への懸念に対して、今現在の感覚で答えている曲もある。」とアノーニは6枚目のスタジオ・アルバム『My Back Was A Bridge For You To Cross』について話す。また本日公開されたビデオには、イギリスの社会正義活動家であるマンロー・バーグドルフが出演し、イアン・フォーサイスとジェーン・ポラードが監督を務めた。

「マンロー・バーグドルフは、イギリス社会において多大な貢献をしてきた人で、彼女の明晰さと気品には、いつも感動させられる。彼女の品格と倫理的な勇気は、私たちにとって大きな指針となると思う。」-ANOHNI

ANOHNI and the Johnsons - It Must Change


2022年、アノーニは、ソウル・ミュージックに対する彼の感受性に注目して、ジミー・ホガース(エイミー・ワインハウス、ダフィー、ティナ・ターナー)と仕事を開始した。これまでのジョンソンズ名義のアルバムにおいて、作曲とプロデュースを自身で手掛けてきたアノーニにとって、このようなコラボレーションは初めてのことだった。ノートいっぱいに書き留めた歌詞のアイデアを持ち込んだアノーニは、ホガースのギターと自身のピアノに合わせて一連のデモ音源を作成した。その後、ホガースは、レオ・アブラハムズ、クリス・ヴァタラロ、サム・ディクソン、そしてストリングスアレンジャーのロブ・ムースを含むスタジオ・バンドを結成し、アルバムのレコーディングが行われた。ホガースの直感的なギターが、アメリカン・ソウル、ブリティッシュ・フォーク、実験音楽の要素に触れながら、10曲にわたってリスナーを先導していく。そこには大きな優しさと、メロディ、不協和音が共存している。 

本作では、幅広いテーマを形にすることにより、今の世界の状態を表現している。アノーニは、パーソナルなレンズを通して、愛する人を失うこと、不平等、疎外感、受け入れること、残酷さ、環境破壊、アブラハムの宗教(*聖書の預言者アブラハムの神を受け継ぐと称するユダヤ教、キリスト教、イスラム教の三宗教)がもたらす壊滅的な状況、未来的フェミニズム、そして、私たちの考え方、精神性、社会構造、自然との関係を、まだ変えられるかもしれないという意図といった様々なテーマを取り上げている。

2023年7月7日に世界同時発売となる本作の日本盤 CDには歌詞対訳・解説書 が封入 され、ボーナス・トラックが追加収録される。輸入盤は通常のCD/LPに加え、限定のホワイト・ヴァイナルが発売される。 また原宿BIGLOVEレコーズでは限定イエロー・ヴァイナルが発売される。本日より随時各店で予約がスタートする。

NEWS

2023.12.08
2023.12.08
2023.12.07
2023.12.07
2023.12.06
2023.12.06
2023.12.05
2023.12.01
2023.11.30
2023.11.29