• HOME
  • NEWS
  • Matador
  • INTERPOL / 新章が始まる.. デビューから20年以上経った今も輝き続ける孤高のバンド、インターポール 最新アルバム『The Other Side Of Make-Believe』を発表!シングル「Toni」をビデオと共に公開。
INTERPOL / 新章が始まる.. デビューから20年以上経った今も輝き続ける孤高のバンド、インターポール 最新アルバム『The Other Side Of Make-Believe』を発表!シングル「Toni」をビデオと共に公開。

2022.04.08

INTERPOL / 新章が始まる.. デビューから20年以上経った今も輝き続ける孤高のバンド、インターポール 最新アルバム『The Other Side Of Make-Believe』を発表!シングル「Toni」をビデオと共に公開。

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
INTERPOL / 新章が始まる.. デビューから20年以上経った今も輝き続ける孤高のバンド、インターポール 最新アルバム『The Other Side Of Make-Believe』を発表!シングル「Toni」をビデオと共に公開。

「俺とダニエルの間には既に十分なケミストリーがあるから、彼がメールで送ってきたデモに、自分の声がどのように合うのかをイメージすることができた。そして、ラップトップで音を小さくして、色彩豊かなメロディーを見つけ、控えめな感じでメッセージを伝えることができたんだ。」
- ポール・バンクス


7月15日に〈Matador〉からリリースされるインターポールの7作目『The Other Side of Make-Believe』。本日公開されたシングル「Toni」では、ポール・バンクスが「今もなお調子はいい、手法は洗練された」と歌い上げている。このアルバムはインターポールの新境地と言える作品で、現代の日常における不吉な底流を探求する一方、彼らの新曲には牧歌的な憧れと新しい発見が込められている。ダニエル・ケスラーの巧みなギターアレンジは天に向かって伸び、サミュエル・フォガリーノのパーカッシブな正確さは奇妙な拍子を刻み、ポール・バンクスの朗々とした声は、バンドの長年のファンであれば不意をつかれるような繊細さを醸し出している。

ファースト・シングル「Toni」は、ヴァン・アルパート監督(ポスト・マローン、マシンガン・ケリー)による2部構成のダンス映像の第一部として本日公開され、第二部も近日中に公開される予定だ。このコラボレーションについてポール・バンクスは、「ヴァン・アルパートと一緒に「Toni」のビデオ制作をするのはすごく楽しかった。俺たちは、さまざまな映画から同じようなインスピレーションを受けていたし、ジョナサン・グレイザー、クリス・カニンガム、スパイク・ジョーンズのような最高傑作のミュージック・ビデオに対する情熱でも意気投合した。ヴァンは、これらのレジェンドたちと同レベルに位置する人だと俺は思っている。彼自身の不朽の作品群を作り上げる過程を見ることができて刺激的だった。」



『The Other Side of Make-Believe』の制作は2020年にかけてリモートという状況で始まった。2021年の初めにインターポールはNY中部キャッツキルの家を借り、新曲を練り上げるために再集結。同年末にロンドン北部で完成させた。今回はベテランプロデューサーであるマーク・エリス(U2、ニュー・オーダー、デペッシュ・モード、ナイン・インチ・ネイルズ、スマッシング・パンプキンズ)と初めてタッグを組み、元共同プロデューサーのアラン・モルダーと再びチームを組んだのである。

インターポールは、7作目というアルバムと、いくつかの編成というジェットコースターを、誰もが予想したよりもはるかに巧みにを乗り切り、その過程において自らの目的意識を失うことは一度もなかった。時が経つにつれ、「オルタナティブ」や「インディー」といったラベルは視界から消え去っていった。彼らは21世紀に最も個性的で、永続的のロック・グループのひとつであると言える。そして、四半世紀を経た今、バンドは再び燃え上がり、今もなお最高な状態にある。

最新アルバム『The Other Side of Make-Believe』は7月15日に発売。なお、本作の国内流通仕様盤CDには解説および歌詞対訳が封入される。2022年7月15日(金)に世界同時発売となる最新作『The Other Side of Make-Believe』の国内流通仕様盤CDには解説および歌詞対訳を封入。アナログ盤は通常盤に加え、限定レッド・ヴァイナルが同時リリース。各店にて予約受付中。

NEWS

2023.01.31
2023.01.31
2023.01.27
2023.01.26
2023.01.26
2023.01.25
2023.01.25
2023.01.20
2023.01.20
2023.01.19