• HOME
  • NEWS
  • Matador
  • The Goon Sax / 不機嫌で、あまりにもロマンチックなインディー・ポップ。 ザ・グーン・サックス、〈Matador〉移籍後初アルバム完成。
The Goon Sax / 不機嫌で、あまりにもロマンチックなインディー・ポップ。 ザ・グーン・サックス、〈Matador〉移籍後初アルバム完成。

2021.05.13

The Goon Sax / 不機嫌で、あまりにもロマンチックなインディー・ポップ。 ザ・グーン・サックス、〈Matador〉移籍後初アルバム完成。

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
The Goon Sax / 不機嫌で、あまりにもロマンチックなインディー・ポップ。 ザ・グーン・サックス、〈Matador〉移籍後初アルバム完成。

“私はきっと鏡を見ても何も見えないでしょう。
人はいつも私のことを鏡と呼ぶが、鏡が鏡を見たら、一体何が見えるのだろうか?” - アンディ・ウォーホル

若干10代でデビューを果たし、ライド擁する名門〈Wichita〉にもカタログを残すブリスベンのローファイ・インディ・ポップ・トリオ、ザ・グーン・サックスが通算3作目にして〈Matador〉移籍後初となる最新アルバム『Mirror Ⅱ』を7月9日にリリースすることを発表。同作よりヤング・マーブル・ジャイアンツや初期The xxを彷彿とさせる新曲「In the Stone」が解禁。写真家/映像作家のマーラ・パレーナが監督を務めたMVも同時公開された。

The Goon Sax - In The Stone (Official Music Video)



ザ・グーン・サックスはネオアコ〜ギター・ポップの伝説的バンド、ザ・ゴー・ビトウィーンズのロバート・フォスターを父にもつギターのルイス・フォスター、ベースのジェイムス・ハリソン、そしてポスト・パンク・バンド、スート(Soot)でも活躍するドラムの紅一点ライリー・ジョーンズによる3人組バンド。楽曲によって担当楽器やヴォーカルを交換し、多彩な音楽バックグラウンドにトリオならではのミニマルなバンド・アンサンブル、思春期の生々しい歌詞を載せてシュプレヒゲザング(喋るように歌うこと)でなぞられる蒼いメロディーでリスナーの鼓動を揺らしてきた。

3年ぶりとなる最新作『Mirror Ⅱ』は、PJハーヴェイやオルダス・ハーディング、最近ではドライ・クリーニングのデビュー作も記憶に新しいジョン・パリッシュをプロデューサーに迎え、ポーティスヘッドやビークの活動で知られるジェフ・バーロウが所有するブリストルのInvada Studiosでレコーディングを敢行。ライリーによる灰野敬二や裸のラリーズから影響を受けたノイズにカイリー・ミノーグのディスコ・ポップ、ルイスはヤング・マーブル・ジャイアンツやステレオラブ、そしてジャスティン・ビーバーなどからのインスパイア、ジェイムスはウォーカー・ブラザーズやシド・バレットから受け継いだサイケデリアとリリシズムを持ち寄り、見事に昇華された全10曲を収録。数多のバンドが思わず赤面してしまいそうなほど、インディ〜ギター・ポップの構造を拡張し、新たな物語の幕開けを強烈に印象付ける彼らの最高傑作となった。

ザ・グーン・サックス待望のサード・アルバム『Mirror Ⅱ』は2021年7月9日(金)に世界同時発売。日本盤CDにはボーナス・トラック「We’re Just Talking」が追加収録され、歌詞対訳および解説書が封入される。またアナログ盤は通常のブラック・ヴァイナルに加え、数量限定ホワイト・ヴァイナルが同時リリース。本日より各店にて随時予約がスタートとなる。

NEWS

2021.06.18
2021.06.18
2021.06.16
2021.06.16
2021.06.15
2021.06.15
2021.06.15
2021.06.11
2021.06.10
2021.06.10

RELATED RELEASES