• HOME
  • NEWS
  • Brainfeeder
  • HIATUS KAIYOTE /2年振りのニュー・シングル 「Everything's Beautiful」発表! 本日19時よりメルボルンで開催された 最新公演を24時間限定でライブ配信!
HIATUS KAIYOTE /2年振りのニュー・シングル 「Everything's Beautiful」発表! 本日19時よりメルボルンで開催された 最新公演を24時間限定でライブ配信!

2024.01.24

HIATUS KAIYOTE /2年振りのニュー・シングル 「Everything's Beautiful」発表! 本日19時よりメルボルンで開催された 最新公演を24時間限定でライブ配信!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
HIATUS KAIYOTE /2年振りのニュー・シングル 「Everything's Beautiful」発表! 本日19時よりメルボルンで開催された 最新公演を24時間限定でライブ配信!


広大かつサイケデリック
- Pitchfork

バンドの持つ幅広い音楽性とアレンジの才能を兼ね備える紛れもないショーケース
- NPR


明るいテクスチャーと太陽に照らされた
ブラジルのリズムを通して、闇から光への旅が描かれる。
- The New York Times

メルボルンを拠点に活動し、グラミー賞に3度ノミネートされているハイエイタス・カイヨーテが、2年振りの新曲「Everything's Beautiful」を発表した。今年になって彼らの活動が活発になることを予感させるシングルとなっている。本楽曲はApple MusicのNew Music Dailyプレイリストのカバーに選出。また今回の新曲発表に合わせて、日本時間本日19時より昨日行われたメルボルン公演が24時間限定でライブ配信されることも発表された。なお会場のなお会場のThe Evelynは、バンドが最初にパフォーマンスを行った思い出深い場所のひとつである。



Hiatus Kaiyote - 'Everything’s Beautiful' (Official Visualizer)

配信リンク >>> URL/https://HiatusKaiyote.lnk.to/everythings-beautiful

The Evelyn - Livestream (今夜19時からライブ配信)


「Everything's Beautiful」は、人生の無限の可能性を祝福し、肯定する。ビースティ・ボーイズ、ビョーク、ブラー、ベックらを手がける名プロデューサー、マリオ・カルダート・JRがミックスを手掛けた本楽曲は、希望に満ちた響きと、美しいギターのフレーズ、そして未来的ソウルを奏でる彼ら特有のベースサウンドが見事に融合し、ネイ・パームの瑞々しいヴォーカルを導いている。

「Everything's Beautiful」は、日々の中にシンプルな喜びを見つけることの大切さを歌ってる。私にとっての幸せは、ヘッドフォンを持って世界を探索しながら歩くこと。私の書く曲のほとんどがそうであるように、複雑で深い哲学的な意味はなく、とてもシンプルなものを書きたかった。ある日、ニューヨークにいるマネージャーの家のソファでうたた寝した時に見た夢の中で、ヴォーカルのメロディとベース・リフを思いついて、それを現実の世界に持ってきたの。それはすごく大変なことだった。当初はコーラスで「Berry Street beautiful」と歌っていたんだけど、バンドと一緒に曲を練り上げていくうちに歌詞を変えた。これは、私たちがこの惑星でユートピアに住んでいるという妄想ではなく、むしろ積極的に人生の美しさ、優美さ、喜びを探すことの大切さを歌っているの。
- Nai Palm


本楽曲は、グラミー賞最優秀プログレッシブR&Bアルバムにノミネートされた前作『Mood Valiant』以来の新曲となっている。ドージャ・キャットは、ロンドンのBBC Radio 1の人気企画『Live Lounge』で、『Mood Valiant』収録のシングル「Red Room」のカバーを披露しており、アリーナ・ツアーでは50万人以上の観客を前にこの曲のカバーを披露し続けている。前作『Mood Valiant』は、バンドが2019年にリオデジャネイロで、ブラジルの伝説的アレンジャー、アルトゥール・ヴェロカイと仕事をする前に、ツアー、作曲、レコーディングに費やした6年間の制作期間を経て完成した。その後、バンドはニック・ハキムやジョージア・アン・マルドロウ、ザ・ルーツのストロー・エリオット、サラミ・ローズ・ジョー・ルイス、DJカリル、ティーブス、Mndsgnといったアーティストが参加したリミックス盤『Mood Variant』も発表している。

ハイエイタス・カイヨーテは、ナオミ “ネイ・パーム” サーフィールド (ギター、ヴォーカル)、ポール・ベンダー (ベース)、サイモン・メイヴィン (キーボード)、ペリン・モス (ドラム)によって構成されている。ザ・カーターズ (ビヨンセ&ジェイ・Z)、ケンドリック・ラマー、アンダーソン・パーク、チャンス・ザ・ラッパー、そしてネイ・パームがアルバム『Scorpion』でもコラボしたドレイクら錚々たるアーティストが、ハイエイタス・カイヨーテの楽曲をサンプリングしている事実も、彼らの才能の高さと楽曲の魅力を物語っている。

NEWS

2024.04.19
2024.04.19
2024.04.18
2024.04.18
2024.04.17
2024.04.16
2024.04.11
2024.04.11
2024.04.10
2024.04.05