• HOME
  • NEWS
  • XL Recordings
  • Fontaines D.C. / 〈XL RECORDINGS〉移籍第一弾! 最新アルバム『Romance』を8月23日に発売!! ファースト・シングル「Starburster」をビデオとともに公開!
Fontaines D.C. / 〈XL RECORDINGS〉移籍第一弾! 最新アルバム『Romance』を8月23日に発売!! ファースト・シングル「Starburster」をビデオとともに公開!

2024.04.18

Fontaines D.C. / 〈XL RECORDINGS〉移籍第一弾! 最新アルバム『Romance』を8月23日に発売!! ファースト・シングル「Starburster」をビデオとともに公開!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
Fontaines D.C. / 〈XL RECORDINGS〉移籍第一弾! 最新アルバム『Romance』を8月23日に発売!! ファースト・シングル「Starburster」をビデオとともに公開!

アイルランド・ダブリン出身の大人気ロック・バンド、フォンテインズD.C.が、4作目となる待望の新作『Romance』を8月23日に〈XL Recordings〉より発売することを発表した。
プロデューサーに、アークティック・モンキーズ、ゴリラズ、デペッシュ・モードらを手掛ける ジェームス・フォードを迎えた初の作品で、これまでで最も確信に溢れ、独創的で、サウンド的にも冒険的なアルバムに仕上がっている。現在はロンドンを拠点に活動するバンド、フォンテインズD.C.は2022年にリリースしたアルバム『Skinty Fia』が、イギリスとアイルランドのアルバム・チャートで1位を獲得し、2023年のブリット・アワードで「インターナショナル・グループ・オブ・ザ・イヤー」を含む数々の賞を受賞した。その成功の先に誕生したのが今作である。

フォンテインズD.C.の最新の創造的進化を告げるのは、爆発的なリード・シングル「Starburster」。リード・ヴォーカルのグリアン・チャッテンがロンドンのセント・パンクラス駅でパニック発作に襲われた経験からインスパイアされたという。この曲は、監督オーブ・ペリー(ミーガン・ジー・スタリオン、ハリー・スタイルズ、ザ・ハイヴス)によるシネマティックなミュージック・ビデオと共に公開された。



「俺たちは、昔から理想主義とロマンスというものを抱いていた。(マーキュリー賞にノミネートされた、デビュー・アルバム)『Dogrel』は直接的にそれを観察していたけれど、アルバムごとに、アイルランドというレンズを通して、それを観察することから遠ざかって行った。セカンド・アルバム(グラミー賞にノミネートされた『A Hero's Death』)は、その離隔について、そしてサード・アルバム(『Skinty Fia』)は移民政策で離散したアイルランド人らしさについて。そして今、俺たちはどこにロマンチックなものがあるのか、どんなロマンチックなものがあるのかを探しているんだ。」-コナー・ディーガン

本作は、2022年に『Skinty Fia』をリリースして以来、ずっと温めてきたアイデアが凝縮された作品となっている。このアイデアは彼らがアークティック・モンキーズと米国とメキシコをツアーしている期間に結晶化したのだった。5人のバンド・メンバーはさまざまな音楽を共有し、彼ら自身の広大な創造的世界を築き上げるのに影響していた、様々なアーティストたちとのつながりを見出した。つまり、シャイ・ガールやセガ・ボデガのような姿勢と美学、そして、モス・デフ、エイサップ・ファーグ、アウトキャスト、コーンのようなヒップホップやヘヴィメタルの骨太なサウンドパレットなど….初期のアルバムでは反逆的なパンクの感性をむき出しにしていたバンドのサウンドは、よりグランジ色の強いブレイクスやディストピアなエレクトロニカ、ヒップホップ調のパーカッション、ドリーミーなスロウダイヴ的なテクスチャーへと昇華しており、ファンを驚かせるかだろう。『Skinty Fia』で初めて表現されたシューゲイザーの要素は新作『Romance』では紫色のあざのように広がっている。リリースを目前に控え、チャッテンはこう語る「このアルバムでは、今までずっと言えなかったことを伝えている。これで最後という感じは全くしないけれど、心が軽くなって気分が良いよ。」

NEWS

2024.05.24
2024.05.24
2024.05.24
2024.05.23
2024.05.22
2024.05.22
2024.05.22
2024.05.20
2024.05.17
2024.05.17

RELATED RELEASES