Where The Mind Wanders

Where The Mind Wanders

Slowe

RELEASE: 2024.05.03

LABELS:

PRE ORDER

CD 国内仕様盤

BRTRU444(解説書付き)

BRTRU444(解説書付き)

¥ 1,900 +tax

BUY

CD 輸入盤

TRUCD444

TRUCD444

¥ 1,800 +tax

BUY

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE

ローラン・ガルニエ絶賛! ムーンチャイルドも所属する
〈Tru Thoughts〉の逸材スロウのデビュー・アルバム!!

10代の頃から作曲を手がけ、バンドで演奏してきたスロウ。ギグ活動を休止している間に、彼女は自給自足のプロダクションに惹かれるようになり、フルート、鍵盤、ギターなど様々な楽器を手に、お気に入りのプロデューサーのスタイルを再現するようになった。スロウのDIY的アプローチは、ローファイ・ビート・メイキングを彷彿とさせる。セッション録音を繊細にコラージュし、J・ディラやマッドリブのようなテクニックを再利用する。その結果、きらめくローズ、ヴィンテージなドラム・ライン、幽玄なヴォーカルなど、ノスタルジックでありながら激しく現代的な仕上がりになっている。ファジーでアナログ的な温もりの上に、スロウの輝くような軽快さと内省的な叙情性が重なり、うっとりするような逃避行ができる。熱心なクレイト・ディガーであるスロウは、当然ながら多くのジャンルからインスピレーションを得ており、タイラー・ザ・クリエイターやテーム・インパラ、エリカ・バドゥなど、彼女の幅広いリファレンスもうなずける。「ローラ・マーリングやジェフ・バックリーといった活動初期に影響を受けたアーティストは、私の曲作りや歌詞にインスピレーションを与えてくれる。一方でその後に影響を受けたソウル、ヒップホップ、ジャズは、私のプロダクションに影響を与えている。」と彼女は説明する。
アルバム・タイトルの『Where The Mind Wanders』は、ソフィーの「心が行く場所、良いことも悪いことも垣間見る」という生々しい表現から生まれた。愛、苦悩、自責の念、喜び、そしてその間にあるものすべてのきらめきが浮き彫りにされ、彼女の機知に富んだクロスジャンルの作品に反映されている。モダンなネオ・ソウルの曲、サイケデリックな瞬間、伝統的なジャズ、ソウル、ヒップホップ・サウンドなど、ソフィーの折衷的な参照点によって、彼女はさまざまな音の風景を掘り下げることができる。
国内仕様盤CDには解説書が封入される。

Where The Mind Wanders

TRACKLISTING

01. WYLTK
02. Superego
03. Fix Me Up
04. Feel
05. A Simple Act
06. Inertia
07. Stay Right Here
08. Solar
09. Lunar
10. Calibrate

RELATED RELEASES