still slipping vol. 1

still slipping vol. 1

Joy Orbison

RELEASE: 2021.08.13

LABELS:

PRE ORDER

CD 国内盤

XL1188CDJP(特典ポスター付)

XL1188CDJP(特典ポスター付)

¥ 2,200 +tax

BUY

CD 輸入盤

XL1188CD(特典ポスター付)

XL1188CD(特典ポスター付)

¥ 1,850 +tax

BUY

LP 輸入盤

XXL1188LP(特典ポスター付)

XXL1188LP(特典ポスター付)

¥ 2,460 +tax

BUY

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE

テン年代UKガラージ・ハウス最重要プロデューサー
ジョイ・オービソン初となるフルレングス作品完成!!

未だ色褪せることない2009年のクラブ・クラシック「Hyph Mngo」でデビューを果たし、世界中のアンダーグラウンドなダンス・ミュージックの現場で熱烈に支持されてきた孤高のDJ/プロデューサー、ジョイ・オービソンが初の長編作品にして14曲入りのミックステープ『still slipping vol.1』を〈XL Recordings〉からリリース!!数々の傑作12インチ・シングルを残しながら、UKガラージやダブステップのポスト・ムーヴメントなどを筆頭にアンダーグランド・ミュージック・シーン牽引してきた現時点での音楽キャリアを総括したを凝縮させた強力な集大成となった本作は、ロンドン南東部にある彼のWalworth Windowスタジオで録音され、ヘロン、ジェームス・マサイア、バテ、リー・セン、ゴヤ・ガンバニ、タイソンといった鬼才の審美眼に適った新進気鋭のアーティストたちとのコラボレーションが実現。さらにジャングル/ドラムンベースのレジェンドである叔父のレイ・キースや、幼いジョイオーにドラムンベースやUKガラージを初めて聴くきっかけを与えたという今作のアートワークにうつる従姉妹のリーアンをはじめ、ボイスメモに録音された家族の声がモノローグのように登場し、至高のダンス・ミュージックであると同時に、主役のパーソナルな情景が浮かぶソウル・レコードとしてここに完成した。2021年8月13日(金)に世界同時発売となる本作の日本盤CDにはボーナス・トラックが追加収録され、解説・歌詞対訳が封入される。

*特典ポスターは先着となります。また、折りたたんで商品と同送させていただきますので予めご了承ください。
still slipping vol. 1

TRACKLISTING

01. w/ dad & frankie
02. sparko (w/ Herron)
03. swag w/ kav (w/ James Massiah and Bathe)
04. better (w/ Lea Sen)
05. bernard?
06. runnersz
07. ‘rraine (w/ Edna)
08. glorious amateurs
09. s gets jaded
10. froth sipping
11. layer 6
12. in drink
13. playground (w/ Goya Gumbani)
14. born slipping (w/ TYSON)
15. meandyou *Bonus Track for Japan

RELATED RELEASES