• HOME
  • NEWS
  • Rough Trade
  • black midi / ブラック・ミディが新曲「Eat Men Eat」を公開!最新アルバム『Hellfire』は7月15日発売!JAPAN TOURは12月!
black midi / ブラック・ミディが新曲「Eat Men Eat」を公開!最新アルバム『Hellfire』は7月15日発売!JAPAN TOURは12月!

アナログ特典ソノシート

タワーレコード特典マッチョ・マグネット

ディスクユニオン特典B2ポスター

2022.06.16

black midi / ブラック・ミディが新曲「Eat Men Eat」を公開!最新アルバム『Hellfire』は7月15日発売!JAPAN TOURは12月!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
black midi / ブラック・ミディが新曲「Eat Men Eat」を公開!最新アルバム『Hellfire』は7月15日発売!JAPAN TOURは12月!

アナログ特典ソノシート

タワーレコード特典マッチョ・マグネット

ディスクユニオン特典B2ポスター


“『Hellfire』は、自信を持ってブラック・ミディを明確な音楽的個性として確立させている。”
- The Wire

“彼らは混沌を服従させる。現在のどのバンドとも違う音を出している。”
- Uncut

圧巻の演奏スキルと爆発的イマジネーションで次世代UKロック・シーンの中でも突出した存在感を放つカリスマ、ブラック・ミディが7/15にリリースされる最新アルバム『Hellfire』から新曲「Eat Men Eat」を公開した。合わせてマキシム・ケリーによる公式ビデオも公開されている。

black midi - Eat Men Eat


「Eat Men Eat」は、音楽的にロックとフラメンコのフュージョンとなっており、当初は“フラメンコ”というタイトルだったという。曲の最後には50人以上のファンから寄せられた音声音源を重ね、デミ・ガルシア・サバによるパルマ(フラメンコで使われる手拍子)やパーカッシブな要素も取り込まれている。歌詞を書いたキャメロン・ピクトン(ba, vo)は同曲についてこのように語る。「この物語は、砂漠で行方不明の友人を必死に探す2人の男から始まる。2人は風変わりな採掘施設へと辿り着き、周辺地域は天然資源が乏しいにもかかわらず、奇妙なホストが門戸を開いて彼らを迎えてくれる。」

『Cavalcade』リリース後、ロックダウンが続くロンドンで制作されたアルバムは前作のメロディやハーモニーを踏襲しながら、1stアルバム『Schlagenheim』にあった性急で凶暴なバンド・アンサンブルが復活し、希薄になっていく現代社会の道徳を炙り出す様々なストーリーが一人称で語られていく一貫したコンセプトが敷かれている。またプロデュースはバンドの新たな代表曲としてリスナーに熱烈な支持を集めた「John L」を手掛けたマルタ・サローニを迎え、これまでにないほどブラック・ミディの音楽の領域の広さや力強さ、強力なプロダクションを見せつけている。

black midi JAPAN TOUR 新日程
2022/12/4 (SUN) 東京 SHIBUYA O-EAST (1st SHOW / 2nd SHOW)
2022/12/5 (MON) 大阪 UMEDA CLUB QUATTRO
2022/12/6 (TUE) 名古屋 NAGOYA THE BOTTOM LINE
https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=11891

2022年7月15日(金)に世界同時発売される本作の日本盤CDおよびTシャツ付限定盤には解説および歌詞対訳が封入され、ボーナス・トラックとしてステューヴ・アルビニ録音によるライヴ音源を追加収録。アナログは通常/限定盤ともに初回生産分にはアルバム・アートワークを手がけたデヴィッド・ラドニックによる日本語帯付仕様でのリリースとなる。また豪華オリジナル特典も続々決定中!

NEWS

2022.12.09
2022.12.08
2022.12.08
2022.12.08
2022.12.05
2022.12.05
2022.12.01
2022.12.01
2022.11.30
2022.11.29

RELATED NEWS