• HOME
  • NEWS
  • Warp Records
  • SQUID / ビル・キャラハンのカバー曲「AMERICA!」を発表! 完全ソールドアウトのUSツアーがスタート!
SQUID / ビル・キャラハンのカバー曲「AMERICA!」を発表! 完全ソールドアウトのUSツアーがスタート!

2021.11.02

SQUID / ビル・キャラハンのカバー曲「AMERICA!」を発表! 完全ソールドアウトのUSツアーがスタート!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
SQUID / ビル・キャラハンのカバー曲「AMERICA!」を発表! 完全ソールドアウトのUSツアーがスタート!

今年5月にリリースされたデビュー作『Bright Green Field』が、その実験的かつ挑戦的な内容にもかかわらず全英チャート4位を記録し、音楽メディアや評論家からも賞賛を集めたスクイッド。先日にはコージー・ファニ・トゥッティ (スロッビング・グリッスル、
クリス&コージー)とロレイン・ジェイムスをリミキサーに起用したリミックス・シングル2曲がリリースされ、原曲の違った魅力を掘り起こしたかのような前衛的サウンドが話題になったばかりだが、完全ソールドアウトとなった全米ツアーが11月2日にスタートするのに合わせて、新たにビル・キャラハンの「America!」のカバーを発表した。

Squid - America (Bill Callahan Cover)
https://youtu.be/Ove9RUVwbWk

楽曲をカバーした背景について、バンドは次のように語っている。

今年の初め、俺たちは二度目のロックダウンから抜け出すために、ミッドランドのオッターヘッド・スタジオでレコーディングをしたんだ。自分たちの好きな曲をカバーすることにしたんだけど、ビル・キャラハンの「America!」もその中の一曲だった。この曲が日の目を見ることになるとは思ってもいなかったんだけど、USツアーに向かうタイミングで、何か特別なものリリースしたかったんだ。

原曲に忠実なギターとパーカッションのオープニングから、後半には激しいドラム、ノイズのようなフィードバック、そしてオリー・ジャッジの独創的なヴォーカルによってスクイッドらしさを爆発させている。

スクイッドは、大学在学中の2015年にイギリスのブライトンで結成された、オリー・ジャッジ (ドラム & リードボーカル)、ルイス・ボアレス(ギター&ボーカル)、アーサー・レッドベター(キーボード、弦楽器、パーカッション)、ローリー・ナンカイヴェル (ベース&ブラス)、アントン・ピアソン(ギター&ボーカル)から成る5人組バンド。架空の都市を舞台に、その世界に存在する場所や出来事や建造物を描写していったというデビュー・アルバム『Bright Green Field』は、フランツ・フェルディナンドをブレイクさせ、最近ではブラック・ミディ、フォンテインズD.C.らを発掘、今UKで大きなムーブメントを作りつつあるインディ・シーンの仕掛け人、ダン・キャリーがプロデュースし、今年最も注目すべきニュー・カマーとして存在感を放っている。

NEWS

2021.12.02
2021.12.01
2021.12.01
2021.11.30
2021.11.29
2021.11.26
2021.11.26
2021.11.25
2021.11.24
2021.11.24