• HOME
  • NEWS
  • Rough Trade
  • black midi / 無尽蔵の音楽隊列が戦慄の速度で駆け抜ける。 ブラック・ミディ衝撃のセカンド・アルバム完成。
black midi / 無尽蔵の音楽隊列が戦慄の速度で駆け抜ける。 ブラック・ミディ衝撃のセカンド・アルバム完成。

2021.03.24

black midi / 無尽蔵の音楽隊列が戦慄の速度で駆け抜ける。 ブラック・ミディ衝撃のセカンド・アルバム完成。

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
black midi / 無尽蔵の音楽隊列が戦慄の速度で駆け抜ける。 ブラック・ミディ衝撃のセカンド・アルバム完成。

「Cavalcadeの制作中に、曲を配列する時に意識していたのは、
とにかくドラマチックでエキサイティングな音楽を作ることだった。」
-ジョーディ・グリープ (black midi)

プログレ、ポスト・パンク大国であるUKロック・シーンにおいて、デビュー・アルバム1枚でその最前線へと躍り出たウィンドミルの怪物にして次世代のカリスマ、ブラック・ミディが待望のセカンド・アルバム『Cavalcade』を5/28に世界同時リリースすることを発表した。同作より、まるで『Discipline』期のキング・クリムゾンを彷彿とさせる衝撃の先行シングル「John L」が解禁。ギャスパー・ノエの映画『Climaxクライマックス』やリアーナ「Sledgehammer」で有名なコレオグラファー、ニナ・マクリーニーが監督を務めたMVも同時公開された。



「2019年最もエキサイティングなバンド」と評され、世界各国で年間ベスト・アルバムに軒並みリスティング、マーキュリー・プライズにもノミネートされたデビュー・アルバム『Schlagenheim』リリース後にも次々と曲が生まれ、その年の秋には今回の作品の楽曲の原型がほぼ出来上がっていたという本作。しかし、バンドはここから従来のジャム・セッションで練り上げる作曲方法ではなく、ロックダウン期間中にメンバーそれぞれが自宅で作曲を行い、レコーディングのタイミングで素材を持ち寄ることで即興の神話から離れ、セッションでは上手くいかなかったアイデアの可能性を追求して行った。また既報の通り、オリジナル・メンバーであるギタリスト/ヴォーカリストのマット・ケルヴィンが精神衛生のケアを理由に、一時的にバンドから離れたことでツアー・メンバーであったサックス奏者カイディ・アキンニビとキーボード奏者のセス・エヴァンスをレコーディング・メンバーに加え、さらにバンドの表現を増幅させることに成功。ロックやジャズに留まらず、ヒップホップ、エレクトロニック・ミュージック、クラシック、アンビエント、プログレ、エクスペリメンタルなど無尽蔵の音楽遺伝子の「隊列=Cavalcade」は戦慄の速度で駆け抜け、既に収めた初期からの高尚な実績を基盤に上昇し伸び続け、美しくも新たな高みに到達している。


2021年5月28日(金)に世界同時発売される本作の日本盤CDおよびTシャツ付限定盤には解説および歌詞対訳が封入され、ボーナス・トラック「Despair」「Cruising」を追加収録。日本のみアナログ盤はアルバム・アートワークを手がけたデヴィッド・ラドニックによる特殊帯がついた初回生産限定盤に加え、数量限定のピクチャー・ディスク、Beatink.com限定でTシャツ付アナログ盤が同時リリース。また、日本盤CD購入者先着特典としてメンバーによるミックス音源(CDR)、LP購入者先着特典として世界中のファンによって投票が行われるブラック・ミディによるカバー曲が収録されるソノシートがプレゼントされる。

NEWS

2021.05.17
2021.05.14
2021.05.13
2021.05.12
2021.05.07
2021.05.06
2021.04.30
2021.04.30
2021.04.28
2021.04.28