Exile In Guyville

Exile In Guyville

RELEASE: 2018.05.04

LABELS:

CD 輸入盤

OLE11142

OLE11142

¥ 1,900 +tax

BUY

LP 輸入盤

OLE11141

OLE11141

¥ 2,650 +tax

BUY

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Liz Phairの金字塔的アルバム『Exile in Guyville』が2018年にオリジナル・リリースから25周年を迎え、5月4日に〈Matador〉よりリイシューされる。

1993年にリリースされた『Exile In Guyville』は、フェミニストに多大な影響を及ぼした傑作。発表から25年経った今でも評価され続けており、Rolling Stoneによる”500 Greatest albums of all time”、”100 best albums of the 90s”、Pitchforkによる”Top 100 albums of the 90s”など様々なリストにその影響力を確かめることができる。また膨大な数のエッセイやコラムにフィーチャーされ、称賛の声は止まることを知らない。

『Exile in Guyville』がリリースされてから、Liz Phairは世間の予想やスランプといったものをことごとく打ち破ってきた。現在までに5枚のアルバムを発表し、今もRyan Adamsとニューアルバムの制作中である。またテレビ番組に楽曲提供も行なっており、様々な賞を獲得している。さらに今年の11月には、Random Houseと出版契約を結び、長年の夢であった作家デビューを果たす。記念すべき第1作目「Horror Stories」は、母性や傷心、その間で揺れ動く感情にフォーカスした作品である。
Exile In Guyville

TRACKLISTING

1. 6’1”
2. Help Me Mary
3. Glory
4. Dance Of The Seven Veils
5. Never Said
6. Soap Star Joe
7. Explain It To Me
8. Canary
9. Mesmerizing
10. Fuck And Run
11. Girls! Girls! Girls!
12. Divorce Song
13. Shatter
14. Flower
15. Johnny Sunshine
16. Gunshy
17. Stratford-On-Guy
18. Strange Loop