The Underside of Power

The Underside of Power

Algiers

RELEASE: 2017.06.23

LABELS:

CD 輸入盤

OLE11172

OLE11172

¥ 1,900 +tax

BUY

LP 限定盤

OLE11178

OLE11178

¥ 2,300 +tax

BUY

LP 輸入盤

OLE11171

OLE11171

¥ 2,300 +tax

BUY

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE

マルコム・ムーニー在籍時の初期CANを彷彿とさせる漆黒のポストパンク!!名門〈Matador〉の異色バンド、Algiersが放つ2作目が完成。



フロントマンのフランクリン・ジェイムズ・フィッシャーを中心とした革新的かつ強烈なポストパンク・サウンドを軸に、サザン・ラップからノーザン・ソウル、ゴスペルからインダストリアルまであらゆる音楽要素を貪欲に吸収した唯一無二のスタイルで、デビュー時には〈ゴスペル版デス・グリップス〉と評されたUSディープ・サウス出身のバンド、Algiersの2作目が完成!レコーディングの大半はブリストルで、Portisheadのエイドリアン・アトリーによる精力的なプロデュースのもとで行われ、前作と同様に刺激的な音楽性とゴスペルのスピリチュアリティをぶつかり合わせた、現代賛美歌とも表現されるサウンドと、初期CANのヴォーカル、マルコム・ムーニーを彷彿とさせるヴォーカルスタイルはまさに、どのバンドとも比較することができない。また新たなメンバーとして、元Bloc Partyのマット・トンをドラマーに迎え、6月からはDepeche Modeとのヨーロッパ・ツアーも控えている。

※限定盤LPはクリーム・ヴァイナル仕様
The Underside of Power

TRACKLISTING

01. Walk Like A Panther
02. Cry Of The Martyrs
03. The Underside Of Power
04. Death March
05. A Murmur. A Sign
06. Mme Rieux
07. Cleveland
08. Animals
09. Plague Years
10. A Hymn For An Average Man
11. Bury Me Standing
12. The Cycle/The Spiral: Time to Go Down Slowly