Teens Of Denial

Teens Of Denial

Car Seat Headrest

RELEASE: 2016.05.20

LABELS:

LP 輸入盤

OLE10910

OLE10910

¥ 2,980 +tax

BUY

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE

USインディーシーンで期待を集めるカー・シート・ヘッドレストがバンドとして初となるスタジオアルバムをリリース!

シアトルのアーティスト、ウィル・トレドを中心とするバンド、カー・シート・ヘッドレスト。2010年、ウィルが17歳の時にバージニア州 リーズバーグで自分の家の車の中でレコーディングを始め、11枚ものアルバムを完成させBandcampで売り始めた。レコードレーベル、パブリッシャー、エージェント、マネージャーが一切なしにも関わらず25,000ダウンロードを記録。ライブではライナップが流動的であり、アルバムは彼のソロとして制作されていたが、2014年にシアトルへと移り住むと、そしてヨ・ラ・テンゴやペイヴメントを輩出した老舗レコード・レーベルと契約。そしてベースにEthan Ives、ドラムにAndrew Katzを迎え過去に制作した楽曲をバンドで録り直したアルバム『Teens of Style』を完成。

バンドになったことにより、ソロよりも鮮やかでパワフル、ダイナミックなサウンドとなりPitchforkで8.1点を獲得するなど海外メディアで賞賛された。ラップトップで一人で制作していた時からカー・シート・ヘッドレストの野心やソングライティングは際立っており、ウィルのヴィジョンのスケールは「ローファイ」のタームを遥かに凌いでいた。
プロデューサーにニルヴァーナやサウンドガーデンなど伝説的なグランジバンドを手がけたスティーヴ・フィスクを迎え、彼のスタジオでレコーディング。さらに前作のレコーディングメンバーも参加し、バンドとしては初となるスタジオアルバム『ティーンズ・オブ・ディナイアル』を遂にリリース!

フランク・シナトラの生涯、マッドメンに見られる米国の自己中心世代の登場、さらには東洋と西洋の神学に文化的な影響を受け困難な日々を送っていたウィル・トレドの過去が色濃く反映。また21世紀の音楽が失っていたコンセプチュアル、詩的、音楽的野心を持った作品が誕生した。
Teens Of Denial

TRACKLISTING

01. Fill In The Blank
02. Vincent
03. Destroyed By Hippie Powers
04. (Joe Gets Kicked Out of School for Using) Drugs With Friends (But Says This Isn't a Problem)
05. Not What I Needed
06. Drunk Drivers/Killer Whales
07. 1937 State Park
08. Unforgiving Girl (She's Not An)
09. Cosmic Hero
10. The Ballad of the Costa Concordia
11. Connect the Dots (The Saga of Frank Sinatra)
12. Joe Goes to School