Squarepusher X Z-Machines:Music For Robots

Squarepusher X Z-Machines:Music For Robots

Squarepusher

RELEASE: 2014.05.17

LABELS:

POINT:10%

CD 国内盤

BRE-49

BRE-49

¥ 1,500 +tax

BUY

12inch 輸入盤

WAP366

WAP366

¥ 1,700 +tax

BUY

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE

鬼才スクエアプッシャーと、2013年のでの演奏や、メディア芸術祭でもエンターテイメント部門にて受賞する等、話題となったZ-MACHINESとのコラボレーション作品。2013年夏、人間の身体能力の限界を超えた高度な音楽パフォーマンスの実現を目指し、3体のロボットで構成されたバンド、Z-MACHINES。78本の指でギターを弾くギタリストと22個のドラムを叩くドラマーに生演奏させて作る音楽という本プロジェクトに秘められた未開の可能性に強く惹かれたスクエアプッシャーことトム・ジェンキンソンが完成させた新たなるマシーン・ミュージック。【FREEDOMMUNE 0 ONE THOUSAND 2013】で初披露され、その衝撃的パフォーマンスにより会場を震撼させたスクエアプッシャーによる楽曲「Sad Robot Goes Funny」を筆頭に、コンロン・ナンカロウやリゲティ・ジェルジュの自動ピアノ作品やフランク・ザッパ『ジャズ・フロム・ヘル』、パット・メセニー『オーケストリオン』を想起させながらライヒのミニマリズムも感じさせるエモーショナルなマシーン・ミュージックにして人力演奏不能な超絶フュージョン・アルバム。アートワークはミュージックビデオも制作した真鍋大度氏が担当。
Squarepusher X Z-Machines:Music For Robots