Wisdom Of Elders

Wisdom Of Elders

Shabaka and the Ancestors

RELEASE: 2016.09.16

CD 国内盤

BRC-529

BRC-529

¥ 2,200 +tax

BUY

CD 輸入盤

BWOOD0155CD

BWOOD0155CD

¥ 1,850 +tax

BUY

LP 輸入盤

BWOOD0155LP

BWOOD0155LP

¥ 2,950 +tax

BUY

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE

これはカマシへのロンドンからの回答か…現行UKブラック・ジャズの最高峰シャバカ・ハッチングス、遂に光臨。



NYのロバート・グラスパー、LAのカマシ・ワシントン、マンチェスターのゴーゴー・ペンギンやママル・ハンズ、メルボルンのハイエイタス・カイヨーテなど世界各国で新たなジャズの潮流が巻き起こる中、その全てを予見してきたジャイルス・ピーターソンのBrownswoodより、ロンドンを拠点に活動するアフリカ系テナー・サックス奏者シャバカ・ハッチングスが南アフリカの精鋭ジャズマン達を率いた初リーダー作品のリリースを発表。ジャズはもちろん、その個性豊かなプレイヤビリティはサンズ・オブ・ケメット、ザ・コメット・イズ・カミング、メルト・ユア・セルフ・ダウンなどボーダーレスなバンド活動でも存分に発揮され、近年ではサン・ラ・アーケストラの一員として活躍し、ムラトゥ・アスタトゥケからジョニー・グリーンウッドまで幅広いアーティストとコラボレート。JazzFMやMOBOなど数々の音楽賞を受賞してきた。



わずか1日でレコーディングされたという今回のアルバムは、ハッチングスが長年称賛してきた南アフリカのジャズ・ミュージシャン集団と行ったセッションの記録である。マックス・ローチ、アーチ―・シェップ、そしてユセフ・ラティーフに師事したアフリカを代表するサックス奏者ジム・ンガワナや南アフリカのセロニアス・モンクの異名をとったベキ・ムセレクといった偉人達もかつて籍を置いたこのグループは、ハッチングスの書いた曲の中で自分達自身を再構成しながら、そこに南アフリカの血脈を注入。アメリカン・ジャズの系譜に彼ら独自の観点をもたらしている。ジョン・コルトレーン『至上の愛』、ファラオ・サンダース『ラヴ・イン・アス・オール』、諸作、そして2015年のカマシ・ワシントン『ザ・エピック』への回答とも言うべき、UKブラック・ジャズの最高峰がここに誕生した。

〈メンバー〉
Shabaka Hutchings – Tenor sax
Mthunzi Mvubu – Alto sax
Mandla Mlangeni – Trumpet
Siyabonga Mthembu – Vocals
Nduduzo Makhathini – Rhodes, piano
Ariel Zomonsky – Bass
Gontse Makhene – Percussion
Tumi Mogorosi – Drums
Wisdom Of Elders

TRACKLISTING

01. Mzwandile
02. Joyous
03. The Observer
04. The Sea
05. The Observed
06. Natty
07. OBS
08. Give Thanks
09. Nguni

RELATED RELEASES