Dancing With Bad Grammar:The Director's Cut

Dancing With Bad Grammar:The Director's Cut

L.A. Salami

RELEASE: 2016.08.26

CD 国内盤

BRC-519

BRC-519

¥ 2,200 +tax

BUY

CD 輸入盤

SBESTCD75X

SBESTCD75X

¥ 2,250 +tax

BUY

LP 輸入盤

SBESTLP75X

SBESTLP75X

¥ 3,400 +tax

BUY

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE

エド・シーラン、ジェイク・バグ、ジェイムス・ベイに続いて彗星の如く現れた大型新人SSWL.A. サラーミ遂にデビュー!

ここ日本でも絶大なる人気を誇るキティー・デイジー&ルイスを発掘し、カリスマ映画作家デヴィッド・リンチの音楽アーティストとしての側面を支えてきた名門〈Sunday Best〉が2016年に満を持して送りだすポスト・モダン・ブルースの旗手、L.A. サラーミ待望のデビュー・アルバム。



ナイジェリア移民のルーツを持つロンドン生まれのこのSSWは一聴して分かる通り、ボブ・ディランやニック・ドレイク、クラッシュにピート・ドハーティまで彷彿とさせる新世代UKアクト。詩趣に富みながら心をむき出しにした生々しい歌詞で、イギリスに生きる日常への憂い、苛立ち、政治や社会に対する抵抗、そして過去への敬意と未来への情熱を吐き出すポスト・モダン・ブルースの旗手として大きな話題を集めている。

デビュー前からリアン・ラ・ハヴァスのツアーでサポート・アクトを務めたことをきっかけにジョニ・ミッチェルやニール・ヤングを引き合いに注目を集め、自ら"ベックとケイト・テンペストを掛け合わせたジャム"と呼ぶ先行シングル「The City Nowadays」をはじめ、レコーディングはすべて一発録りを敢行。エド・シーランやジェイク・バグに続くヒップホップ~グライム世代のビート詩とチェイン・ギャング・ブルースを奏でるSSWとしてブレイク必至のデビュー・アルバムが完成した。プロデュースはフローレンス・アンド・ザ・マシーン、トム・オデル、そしてジェイク・バグを手掛けてきたマット・イングラムを起用。

日本盤CDには歌詞・対訳、解説書が封入され、ボーナス・トラックを追加収録。
Dancing With Bad Grammar:The Director's Cut

TRACKLISTING

01. Going Mad As the Street Bins
02. & Bird
03. No Hallelujahs Now
04. Anything's Greener Than Burnt Grass
05. I Wear This Because Life Is War!
06. The City Nowadays
07. Papa Stokely (skit)
08. I Can't Slow Her Down
09. Loosley On My Mind
10. Why Don’t You Help Me?
11. Day to Day (for 6 Days a Week)
12. Def(a)ormation Days
13. Aristotle Ponders the Sound
14. My Thoughts, They Too Will Tire
15. Never Felt Closer (Bonus Track for Japan)