When Machines Exceed Human Inteligence

When Machines Exceed Human Inteligence

Harmonic 313

RELEASE: 2009.02.04

LABELS:

POINT:10%

CD 国内盤

BRC-221

BRC-221

¥ 2,190 +tax

BUY

CD 輸入盤

WARPCD175

WARPCD175

¥ 2,100 +tax

BUY

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Global Communication、Reload、Jedi Knights、Toubleman、Harmonic 33など幾多の名義で先駆的なサウンドを作り続ける、手練のクリエイター、マーク・プリチャードが発振するニュー・プロジェクト。
ダブステップ〜ブレイクビーツ等のUK低音ベース・ミュージックとデトロイト・テクノの極太なリンク...。

英ガーディアン紙の"アルバム・オブ・ザ・ディケイド(10年の1枚)"に選ばれ、未だアンビエントの名盤として語り継がれる「7614」をリリースした、盟友であるトム・ミドルトンとのユニットGlobal Communication。宇宙の内側と外側への旅を表現したテクノ・サウンドトラック・ユニットとも言うべきReload。最近ではマッドリブにもサンプリングされたHarmonic 33。その他、Link、Jedi Knights、Toubleman、、、など幾多の名義で先駆的なサウンドを作り続ける、マーク・プリチャードの創り出すニュープロジェクトである。多くの名義で大成功を収めた彼が、ジャングル、ダブステップ級の極太ベースラインとブロークンビーツ、エレクトロ等の要素でプロデュースされたこのアルバムで、新たな才能と時代の先端を行く「何か」をまたも証明してくれる。サウンド的には、ケニー・ラーキンと同じようにJ ディラからもインスパイアされており、"313"はデトロイトのエリアコードである。『このアルバムは、過去20年以上にわたるデトロイトテクノとUKベースライン・ミュージックへの直接のリンクを持っているんだ。更にヒップホップ・テイストもあるし、それにも増して80年代のエレクトロの要素も入ってるんだよ。』

余談:彼のファンにはDUFT PUNK、リッチー・ホーティン、ジャイルス・ピーターソン、ケニー・ドープ&ジャジー・ジェフなどの名前があがるがこれはほんの一部。ビッグ・チル・フェスティバルの創始者たちは、Global Communicationの『7614』を聴いているときにイベントのアイデアを思いついたのだという。
When Machines Exceed Human Inteligence

TRACKLISTING

01. Dirtbox
02. Cyclotron
03. No Way Out
04. Music Substitute System
05. Kln
06. Galag-A
07. Word Problems
08. Battlestar feat. Elzhi, Phat Kat
09. Cyclotron C64 SID
10. Call To Arms
11. Flaash
12. Don't Panic
13. Falling Away feat. Steve Spacek
14. When Machines Exceed Human Intelligence
15. Quadrant 3
[Bonus Track For Japanese Edition (BRC-221)]
16. Falling Away (Instrumental)