• HOME
  • NEWS
  • Matador
  • Yo La Tengo × 奈良美智 / コア・ファンの間で話題を呼んでいたアノ作品が 遂に数量限定12インチ盤として一般流通決定!!
Yo La Tengo × 奈良美智 / コア・ファンの間で話題を呼んでいたアノ作品が 遂に数量限定12インチ盤として一般流通決定!!

2020.08.27

Yo La Tengo × 奈良美智 / コア・ファンの間で話題を呼んでいたアノ作品が 遂に数量限定12インチ盤として一般流通決定!!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
Yo La Tengo × 奈良美智 / コア・ファンの間で話題を呼んでいたアノ作品が 遂に数量限定12インチ盤として一般流通決定!!

ロックダウン中も新作「We Have Amnesia Sometimes」の発表や、配信チャリティ・ライヴの敢行、〈Matador〉が発足したリイシュー・プロジェクト“Revisionist History”の一環で『Electr-o-pura』のリマスター再発を予定するなど精力的に活動を続けるUSインディーの良心ヨ・ラ・テンゴが人気芸術家でバンドとも親交の深い奈良美智のLACMAで行われるエキシビション用の限定カタログに提供した楽曲が「Sleepless Night」EPとして一般発売決定!同作よりキャロル・キングとジェリー・ゴフィンが作詞作曲したザ・バーズの人気曲「Wasn’t Born to Follow」のカバーが公開された。



本作はヨ・ラ・テンゴと奈良美智が共同で選曲を手掛けており、オリジナルの新曲「Bleeding」と、今回公開された「Wasn’t Born to Follow」に加え、ボブ・ディラン、ザ・デルモア・ブラザーズ、フライング・マシーン、スモール・フェイセスのオリジナル・メンバーであるロニー・レーンのカバーを含む全6曲を収録。オリジナル・アートワークは奈良が手がけており、アナログはA面に楽曲を収録し、B面にはバンド・メンバーのジェームズによるイラストが施されたエッチング仕様で、全世界2500枚限定生産盤となっている。

『Sleepless Night』についてアイラ・カプランのコメント:

奈良美智さんと会ったのは2003年で、奈良さんの個展や、僕たちのコンサートで彼に会うようになった。僕たちはアジアソサエティのオープニングでDJをしたり、奈良さんはジョージアが私の首を絞めている絵をグルーミーのペンケースに描いてくれたこともありました。そのペンケースはシェパーズ・ブッシュのK-Westホテルのバーで盗まれるまでジョージアの自慢の品の1つだったんだ。2020年のLACMAでの展示会の奈良さんカタログをよりパーソナルなものにするために、彼の好きな曲をLPに収録してそれをデラックス版にするという案があった。私たちはLPの片面(1曲は新曲)を提供し、もう片面は奈良さんがセレクトした6曲をオリジナル・バージョンで収録することになった。ではそのLACMA用レコードに提供した、奈良さんと一緒に選んだ6曲をご紹介します。

私はおそらくNRBQのLP『Workshop』で「Blues Stay Away from Me」を初めて聴き、そこから、ルービン・ブラザーズやデルモア・ブラザーズへと遡っていった(ダグ・サーム・アンド・バンドへの寄り道もあった)。僕たちのバージョンは、2011年2月にマーク・ネヴァースが録音したもの。チャーリー・ルービンがその数日前に亡くなっていた。僕たちはウィリアム・タイラーとツアーをしていて、ツアーはナッシュビルで終了した。僕たちバンドと、ウィリアムとカート・ワグナーで「Blues Stay Away from Me」をトリビュートとしてアレンジして、Exit/Inで演奏してライヴを締めくくった。自宅に戻るまで数日間ナッシュビルに滞在していたから、マークのスタジオに行って曲をレコーディングしたんだ。

「Wasn't Born to Follow」は、『Stuff Like That There』を生み出したセッションの一部としてジーン・ホルダーによって録音された。リード・ギターはデイヴ・シュラム。初めてバーズの曲を聴いたのは確か、母が僕や大勢の友人たちを連れて「イージー・ライダー」を観に行った時だった。(一人の子供は、僕の弟と同様、その映画を観ることを親に禁止されて一緒に来れなかった。父は弟を連れて代わりに 「明日に向って撃て!」を観に行き、友人はおそらく家で宿題をしていたのだろう。)

「Roll On Babe」を作曲したのはロニー・レーンではないが、僕たちがカバーしているのは彼のバージョンだ。ジェイムズがホーボーケンで録音した。(この曲は、アジアソサエティでDJをした時にジョージアがかけた曲の1つだった。)

ナッシュビルで僕たちが『And Then Nothing Turned Itsed Itself Inside-Out』を制作している時に、ロジャー・ムテノはジョン・ピールのバースデー番組のためにディランの「It Takes Lot to Laugh, It Takes a Train to Cry」を録音した。僕たちの知る限りでは、唯一無二のマスター版をイギリスに送ってしまったらしい。そう、僕たちも、君たちと同じように、むしろそれ以上に唖然としているよ。いろいろと詮索した結果、この曲にたどり着いた。

「Bleeding」は僕たちが作曲して、ジェイムズがホーボーケンで録音した。

また、ジェイムズはマイケル・シェリーの「Super Hit Tsunami!」のためにザ・フライング・マシンの「Smile a Little Smile for Me」をレコーディングしていて、この曲はWFMUの2019年募金マラソンに寄付をしてくれた人が入手可能となっている。

NEWS

2020.11.25
2020.11.25
2020.11.25
2020.11.25
2020.11.24
2020.11.20
2020.11.20
2020.11.20
2020.11.19
2020.11.19