• HOME
  • NEWS
  • XL Recordings
  • Låpsley / “次世代のアデル”こと23歳SSWラプスリー、12月6日にリリースの最新EP『These Elements』から新曲「Ligne 3」を公開!
Låpsley / “次世代のアデル”こと23歳SSWラプスリー、12月6日にリリースの最新EP『These Elements』から新曲「Ligne 3」を公開!

2019.12.02

Låpsley / “次世代のアデル”こと23歳SSWラプスリー、12月6日にリリースの最新EP『These Elements』から新曲「Ligne 3」を公開!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
Låpsley / “次世代のアデル”こと23歳SSWラプスリー、12月6日にリリースの最新EP『These Elements』から新曲「Ligne 3」を公開!

この曲は元彼と別れた数日後に作ったの。別れの複雑さや別れた日にお互いに言ったことやその日に起きたことを実際に描きたかった。
- ラプスリー


次世代のアデルとも称される英北西部サウスポート出身の23歳SSWラプスリー(Låpsley)が、〈XL Recordings〉からリリースする最新EP『These Elements』から「Ligne 3」を公開した。なお、同EPのリリース日は当初11月22日を予定されていたが、12月6日に変更されている。同日にデジタル配信が開始されるほか、限定12”が発売される。



今回公開されたシングル「Ligne 3」のタイトルは、フランス南部モンペリエのトラムのライン(Ligne)3に由来する。モンペリエで長く付き合ってきた彼と破局した1日のことを描いた失恋ソングとなっている。

当時若干19歳だったラプスリーは2016年に各レーベルが争奪戦を繰り広げた後、〈XL Recordings〉からデビューアルバム『Long Way Home』をリリース。同アルバムはビリー・アイリッシュにも多大な影響を与えたほか、DJコゼがリミックスした収録曲の「Operator」は近年クラブで最も流された曲の1つとして知られる。また、このデビューアルバムで確固たるファン層を築き、BBCが毎年選出するその年の期待の新人アーティスト・ランキングSound Of 2015にもノミネートされた。2016年には初来日を果たし、同年にフジロックにも出演している。今回のEPでは、10代から20代へと成長しただけでなく、ソングライターやプロデューサーとしても自身に磨きをかけた女性としてそしてアーティストとしての彼女の姿が映し出されている。

最新EP『These Elements』は、12月6日(金)発売。現在iTunes Storeでアルバムを予約すると、既に公開されている「My Love Was Like The Rain」と今回新たに公開された「Ligne 3」がいち早くダウンロードできる。

NEWS

2019.12.09
2019.12.09
2019.12.09
2019.12.06
2019.12.06
2019.12.06
2019.12.05
2019.12.05
2019.12.04
2019.12.04