• HOME
  • NEWS
  • Brownswood Recordings
  • Joe Armon-Jones / 最新作『Turn To Clear View』が反響を呼んでいるジョー・アーモン・ジョーンズ、英誌Crack Magazineでミックスを公開!〈Brownswood Recordings〉の主催者、ジャイルス・ピーターソンの来日はいよいよ今週!
Joe Armon-Jones / 最新作『Turn To Clear View』が反響を呼んでいるジョー・アーモン・ジョーンズ、英誌Crack Magazineでミックスを公開!〈Brownswood Recordings〉の主催者、ジャイルス・ピーターソンの来日はいよいよ今週!

2019.10.08

Joe Armon-Jones / 最新作『Turn To Clear View』が反響を呼んでいるジョー・アーモン・ジョーンズ、英誌Crack Magazineでミックスを公開!〈Brownswood Recordings〉の主催者、ジャイルス・ピーターソンの来日はいよいよ今週!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
Joe Armon-Jones / 最新作『Turn To Clear View』が反響を呼んでいるジョー・アーモン・ジョーンズ、英誌Crack Magazineでミックスを公開!〈Brownswood Recordings〉の主催者、ジャイルス・ピーターソンの来日はいよいよ今週!

まさに今、黄金時代を迎えているUK ジャズ・シーンの中核を担い、縦横無尽な活躍を続ける若きキーボーディスト / プロデューサー、ジョー・アーモン・ジョーンズ。〈Brownswood Recordings〉よりリリースした最新作『Turn To Clear View』が大きな反響を呼び、アフロ・ジャズ・ファンク・バンドのエズラ・コレクティヴの一員としても活躍し、新世代UK ジャズ・シーンを語る上では欠かせない存在となっている彼が、英誌Crack Magazineにてミックスを公開した。

https://crackmagazine.net/article/mixprofile/sunday-mix-joe-armon-jones/

Pete RockにSlum VillageとHiphop黄金期な選曲からスタートし、Chaka Khan、Seawindなどディスコ、ファンク、ジャズ・フュージョンな選曲、Kaidi Tatham & Dego のハウス、そしてKing Tubbyのダブに到るまで、様々なジャンルのグッドミュージックの宝庫のようなミックスで、彼の音楽性の幅広さが感じられる選曲となっている。番組中で彼は、自身の音楽の大きな要素となっているダブのオリジネーターの一人とも言えるKing Tubbyに対して最大級の敬意を表しており、ジョーの音楽に対する熱意と愛情が感じられる。

また、〈Brownswood Recordings〉の主催者、ジャイルス・ピーターソンの来日はいよいよ今週!

朝霧JAM 2019
2019年10月12日(土)〜13日(日)
富士山麓 朝霧アリーナ · ふもとっぱら
詳細: https://asagirijam.jp/

Gilles Peterson at Contact
2019年10月12日(土)
Studio X:
GILLES PETERSON (Brownswood Recordings | Worldwide FM | UK)
TOSHIO MATSUURA (TOSHIO MATSUURA GROUP | HEX)
GOONO x MASUMURA -LIVE-
and more…

詳細: http://www.contacttokyo.com/schedule/gilles-peterson-at-contact/

NEWS

2019.10.15
2019.10.11
2019.10.11
2019.10.11
2019.10.10
2019.10.10
2019.10.10
2019.10.09
2019.10.09
2019.10.09

EVENTS