• HOME
  • NEWS
  • Tru Thoughts
  • QUANTIC / ダンスフロアで新たな全盛期を迎えている男、クァンティック が「Motivic Retrograde (Live Selva Session)」を公開!
QUANTIC / ダンスフロアで新たな全盛期を迎えている男、クァンティック が「Motivic Retrograde (Live Selva Session)」を公開!

2019.09.13

QUANTIC / ダンスフロアで新たな全盛期を迎えている男、クァンティック が「Motivic Retrograde (Live Selva Session)」を公開!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • LINE
QUANTIC / ダンスフロアで新たな全盛期を迎えている男、クァンティック が「Motivic Retrograde (Live Selva Session)」を公開!

7月のFujirockで自身の楽曲で構成されたDJセットを披露し、会場を沸かせたクァンティック。自身がニューヨークのブルックリンに構えたスタジオ、Selva Studioでのライブセッション映像を公開した。楽曲は最新作『Atlantic Oscillations』に収録された「Motivic Retrograde」で、クァンティックことウィル・ホランド自身がギターとシンセを操り、ダイナミックで躍動感溢れるサウンドを奏でている。



Will Holland - Guitar + Synth
Dominic Missana - Bass
Paul Wilson - Organ
Caito Sanchez - Drums
Sly 5th Ave - Saxophone
Denitia - Guitar


Quantic『Atlantic Oscillations』
ラテン・グルーヴを取り入れ空前の大ヒット作となったクァンティック・アンド・ヒズ・コンボ・バルバロ、ファンク&ソウルのクアンティック・ソウル・オーケストラといった代表的プロジェクトの他にも、ジャズ、ダブ、エレクトロニックなど、様々な音楽ジャンルに取り組んでいる天才音楽家クァンティック。最新作『Atlantic Oscillations』は、コロンビア、LA、NYを経てきた彼自身の経験と、その旅の中で磨いた音楽の影響力を見事に融合させている。「クラブ・サウンドに戻ってみたくなったんだ。今回の制作期間は特にニューヨークのブギーや70年代のフィラデルフィアのサウンドにハマっていたね」と自身が語るように、さまざまな音楽体験を経てダンスフロアへと戻ってきたクァンティックはいま、新たな全盛期を迎えようとしているのかもしれない。10年前に『Tradition In Transition』と出会ったときのような新鮮な驚きを覚えるような作品と言えるだろう。

『Atlantic Oscillations』は発売中!国内盤にはボーナストラック「Atlantic Oscillations (Disco Dub)」が追加収録され、歌詞対訳、さらに解説書が封入される。また、各配信サービスで配信中!

NEWS

2019.10.11
2019.10.11
2019.10.11
2019.10.10
2019.10.10
2019.10.10
2019.10.09
2019.10.09
2019.10.09
2019.10.09